50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

更年期の女性で、性交痛に悩んでいる方が意外と多いのをご存知ですか。
久しぶりに性行為をした時、昔にはなかった痛みを感じた人はいませんか?

そんな性交痛が原因で、パートナーとのセックスが嫌になったりしていませんか?
更年期に入って体調も変化しつつある中で、まさか自分が性交痛になるとは思っていなかった人も多いと思います。

本記事では、更年期の女性が性交痛でお悩みの時に改善できるトレーニングを紹介していきます。 トレーニングによる効果についても解説していきますので、同じお悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてみてください。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●更年期による性交痛の原因

●更年期による性交痛の対策


● 膣トレーニングの方法

●更年期による性交痛の相談は専門医へ

更年期による性交痛の原因

更年期になると、エストロゲン(女性ホルモン)の減少が進み、膣の潤いが失われることで性交痛が起こります。
エストロゲンは女性ホルモンの一種で、女性の体にとって重要な役割を果たしています。その役割の一つとして、膣内の潤いや弾力をもたらしてくれる役目があります。

しかし、更年期になり卵巣の機能が低下することによりエストロゲンの分泌量が減少し、膣の潤いや弾力がうまく機能しなくなります。膣の中の潤い不足が発生してしまうと、セックスの挿入時に摩擦が起き、痛みを感じることになるのです。

また、性行為はデリケートなものですので、精神的なストレスの影響から性交痛につながることもあります。それは、過剰なストレスがエストロゲンの分泌量を減らしてしまうためです。過去に性交痛を経験していたり、性行為の時に十分にリラックスしていなかったりすると、ストレスによってエストロゲンの分泌量が低下し、潤い不足になり痛みをともないます。

特に久しぶりの性交渉の場合には、不安や心配が頭から離れず精神的にリラックスした状態になりにくいこともあり、結果的に性交痛を感じやすくなります。性交痛の原因として、精神的なストレスによる場合も原因と考えられますので、体調面も十分に配慮したうえで、性行為をおこなうようにしてください。

更年期による性交痛の対策

ご自身でできる、更年期による性交痛の対策を紹介します。

膣トレ

膣トレとは膣トレーニングのことで、子宮や膀胱、直腸を支えている骨盤底筋を鍛えることで膣圧を改善させるトレーニングのことをいいます。骨盤底筋は身体にとって重要な筋肉ですが、出産や加齢によって機能が低下してしまいます。

しかし、膣トレをおこなって骨盤底筋を鍛えることで、骨盤内の機能の低下を防ぎ血流もよくなります。骨盤内の血流がよくなることで、膣の潤い不足を解消できたり、膣の柔軟性が向上したりして、性交痛の緩和につながります。

膣トレを習慣的におこなうことは性交痛の対策になりますので、無理のない範囲でご自身で取り組んでみてください。

膣ケア

膣ケアとは、膣周りを清潔に保ち綺麗にケアすることで、デリケートな膣の健康的な状態を維持させることです。

膣の周りはとても繊細なため、正しいケアが必要となってきます。膣内の環境を正しく整えたり、膣の周りを保湿して乾燥を防いだりと、日頃のセルフケアがとても重要です。

今では、デリケートゾーン専用のソープやオイルもたくさんありますので、ご自身に合ったお気に入りのものを探してみてください。このように、膣を正しくケアすることは、ご自身のQOLの向上にもつながり、精神的に安定しストレスも減少します。

ストレスが減少すれば、ご自身のホルモンバランスも整い、潤い不足による性交痛を改善することができます。日常的に膣ケアをおこない心身ともに健康な身体を維持することは、性交痛を防ぐ対策になりますので、ぜひ取り組んでみてください。

膣マッサージ

膣マッサージとは、膣の中や膣の周りを含むデリケートゾーンをオイルマッサージすることです。
膣や膣の周りを普段からマッサージしておくと血流が良くなり、生理中の痛みの軽減につながるといわれています。

また、膣の緩みの改善や尿もれの予防効果もあるとされています。
膣マッサージは無理なくご自身のペースでおこなうことが重要で、膣の周りをマッサージするだけでも健康的な膣の状態を保つことができます。初めての方は抵抗があるかもしれませんが少しずつ慣らしていき、膣の中に指を入れて入り口を広げていくイメージでマッサージするようにしましょう。膣の入り口がしなやかになることで性交痛の解消にもつながります。

健康な膣を維持することは性交痛の対策になりますので、膣マッサージを始めることをおすすめします。

膣トレーニングの方法

ここからは膣トレーニングの方法を詳しく紹介していきます。

ケーゲル体操

ケーゲル体操とは、骨盤底筋体操とも呼ばれており、1940年代にアメリカの産婦人科医が考案した骨盤底筋を鍛える体操のことです。

骨盤底筋とは骨盤の底にある筋肉の総称のことで、骨盤内にある子宮や膀胱、直腸といった臓器を支える役目を果たしています。その骨盤底筋が緩むと、尿漏れや尿意を我慢できなくなるなどの問題が起きてしまいます。

骨盤底筋の緩みが起きる一番の原因としては、出産が大きく影響するといわれていますが、加齢による緩みも進行する傾向があります。そのためケーゲル体操をおこなうことで骨盤底筋の緩みをおさえ、健康的な身体を作ることができます。

ケーゲル体操をおこなうことで膣の血流が良くなり、膣の萎縮を予防したり膣内の潤い不足が解消されたりと、性交痛の改善につながります。また、骨盤底筋が鍛えられることで膣の締まりがよくなり、感覚を高めることでセックスの快感も増大させる効果があるとされています。

ケーゲル体操のやり方は、このようなステップでおこないます。

1.骨盤底筋の辺り(尿道や肛門周りなど)を意識する
2.尿を我慢するように尿道に力をいれる
3.骨盤底筋を引き締める状態を10秒キープする
4.その後10秒緩める
5.3と4を繰り返し20回おこなう

普段意識することのない場所なので、最初のうちは感覚がつかみづらいと思いますが、慣れてくれば簡単にできますので、初めのうちは20回1セットにして1日数セットやってみましょう。

ケーゲル体操の効果は個人差はありますが、1〜2ヶ月を過ぎた頃から出てくるといわれていますので、習慣的に長く続けるようにしてください。

ケーゲル体操は、立ちながらも座りながらも、横になりながらでもできますし、ご自宅で簡単に始められますので、一度試してみることをおすすめします。

スクワット

スクワットは、下半身の大きな筋肉をトレーニングできるので性交痛対策には効果的です。
太ももや股関節を鍛えることで膣圧を高めることができ、パートナーとのセックスにも良い影響が出るでしょう。

スクワットのやり方は、以下のステップでおこないます。

1.立った状態で足を肩幅程度に広げる
2.つま先をやや外側に向ける
3.お尻を突き出すように腰を落とし、膝を90度まで曲げる
4.ゆっくり元の姿勢に戻す
5.3と4を繰り返し10回おこなう

上記の流れで無理のない程度に、1日3セットを目安におこなうのが良いでしょう。
ご自宅で簡単にできるスクワットは、効果的な膣トレーニングの一つといえますので、ぜひ実践してみてください。

グッズを使う

最近では、さまざまな膣トレーニングのグッズが登場しています。日本でも膣トレーニングの注目度が高まってきているので、ケーゲル体操やスクワットといったご自身だけでトレーニングするのが苦手な方は、膣トレグッズを試してみるのも良いでしょう。

膣圧を測ることができるグッズや、見た目もかわいくおしゃれなグッズなど用途はさまざまありますので、ご自身でお気に入りの物を見つけて長く続けられるように工夫してみましょう。

更年期による性交痛の相談は専門医へ

更年期による性交痛のお悩みの方は、まずはご自身の状況を理解するうえでも一度専門医に相談することをおすすめします。性交痛の痛みはひとりひとりが異なりますし、解決法もそれぞれ違いますので、まずはカウンセリングからでも相談に行ってみましょう。

実際に、日本では多くの人が性交痛の悩みを持っています。50代になってから痛みが出たという方もたくさんいますし、デリケートな内容であるため誰にも相談できずにお悩みの方も多いです。

当院はデリケートゾーンを専門に扱ってきたため、50代の方の性交痛に関する実績も多くあります。また、アメリカ、ビバリーヒルズの女性器形成外科専門センターで実績を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから施術、アフターケアまで一貫して対応しますので安心して治療が受けられます。

患者様ひとりひとりに寄り添った、最適な治療を提案をさせていただきますので、更年期に入って性交痛でお悩みの方はお気軽にお越しください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自分の身体や症状にあった治療をすることです。どのような治療を行うかどうかは、医師と相談のうえ慎重に決めましょう。

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原因や対策について理解していきましょう。

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問わず起こりうる症状です。特に、更年期を迎えてか...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。