50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

「50代に入ってから、挿入時に入口が痛い」
「痛みがあってパートナーとの大切な時間が楽しめない」
「性交痛をなくすためにできることがあるか知りたい」

上記のようなお悩みはありませんか?
久しぶりにパートナーができ、性行為をしたら、入口が痛いので怖くなってしまったという方もいると思います。
パートナーとの大切な時間を不安に感じることなく、楽しみたいですよね。

本記事では、50代の性交痛で入口が痛む原因や性交痛への対処法について解説しています。実は年齢だけが原因ではなく、感染症や膣炎の可能性もあるので、入口の痛みを放置することはオススメしません。
性交痛でパートナーとの関係が悪くならないか不安な方は、本記事をご一読して頂き参考になれば幸いです。

 

50代の性交痛とは?

性交痛とは、性行為時に挿入部分が痛むことをさします。
20代では感じなかった痛みを、久しぶりのパートナーとの性交渉で膣に痛みを感じたら性交痛です。

性交痛と言っても痛みを感じるところは、膣の入口や奥などあり、部位によって原因も異なります。
痛みの感じ方も入口がヒリヒリしたり、奥がズキズキするなど、人それぞれです。

50代で性行為時に痛みを感じている人は約6割ほどいます。
痛みを感じている人のなかで、性的な満足感を得られないという人の割合は6割です。(※1)
挿入時に痛みがあるとパートナーとの大切な時間でも、なかなか集中できないですよね。

50代で膣の入口が痛む原因や対処法を解説していきます。

※1参照:JEX JAPAM SURVEY2020 調査結果

50代の性交痛で入口が痛む原因

50代の性交痛により入口が痛む原因はなんでしょうか。考えられる原因を6つ紹介します。ご自分の状況に当てはまるものがあるか、ご確認ください。

更年期で膣が濡れにくい

更年期に入ると膣の潤い成分を分泌する働きがある女性ホルモンが減少します。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減少する影響により、膣周辺の弾力がなくなり、粘膜も薄くなる傾向があります。
そのため性的興奮をしたときに潤わせるための分泌液が減少し、膣が濡れにくくなることで挿入時に痛みを感じやすくなります。

久しぶりに性交渉を行って、若い頃に感じなかった入口の痛みを感じたら、更年期による潤い不足が原因かもしれません。

ストレスなどの心身の疲れ

精神的なストレスや身体の疲れ、睡眠不足などの体調不良も性交痛に影響します。
ストレスを感じていると、性交時も性的興奮を感じにくくなります。

心と身体は繋がっているため、ストレスを溜めると心身の影響を受けてホルモンのバランスが乱れてしまいます。その結果、膣内の分泌液も減少して濡れにくくなり、痛みを感じやすくなります。

トラウマによる心理的なもの

性交渉へのトラウマなど心理的なものも性交痛を引き起こす原因です。
ワギニスムスとも言われます。ワギニスムス(膣けいれん)とは、膣の入口周辺の筋肉が、不安、恐怖、緊張などで過剰に収縮してしまう状態です。

久しぶりのパートナーとの性交渉で痛みを感じながらも相手との関係悪化を懸念して、我慢を続けた結果、痛みへの恐怖心がトラウマになってしまうこともあります。
トラウマになってしまうとなかなか克服することが難しくなるため、痛みを感じたらパートナーに相談して痛いまま続けることがないようにしましょう。

皮膚の炎症や感染症

膣の入口が炎症を起こしていたり、感染症にかかっている場合も挿入時に痛みを感じることがあります。ナプキンなどが当たって起きる接触性皮膚炎や脂漏性皮膚炎、梅毒、ガンジタ、トリコモナスなどの感染症があると痛みを感じます。

炎症や感染症が不安な方は、早めの受診がおすすめです。

処女膜強靭症

処女膜強靭症は、処女膜が固くて挿入できない状態のことを指します。痛くて挿入できなかったり、できたとしても毎回出血していたら、処女膜強靭症の可能性が高いです。セカンドバージンや高齢処女の方は特に処女膜強靭症の可能性が高まります。

処女膜強靭症は先天的なものなので、若い頃にも痛みを感じていたのに、気にせず放置をしてしまった方もいるのではないでしょうか。処女膜強靭症は手術が必要なので、少しでも異変を感じたら、婦人科形成に相談しましょう。

前戯不足

膣内の潤いは、性的な興奮を感じると分泌されるものです。そのため、前戯不足などで気分も身体も整わないうちに挿入されてしまうと潤い不足による摩擦で痛みを感じます。

前戯が不十分だったり、激しいだけの前戯では身体も気分も盛り上がりませんよね。デリケートゾーンは繊細なので、丁寧な前戯が必要です。


年齢に関係無く入り口が痛む原因はこちら

50代の入口部性交痛の対処法4選

50代で入口部性交痛を感じたらどう対処したらいいでしょうか?
入口部性交痛とは、挿入時に外陰部や会陰など膣の入口に痛みを感じることを言います。

ここでは、入口部性交痛の解消法を提案します。

パートナーと話し合う

痛みを感じたら我慢せずにパートナーと話し合いましょう。
痛みを訴えたら関係が悪化するのではないかと、不安になってしまうかもしれません。

しかし、ストレスを溜めるとホルモンバランスが崩れ、膣内の潤い不足を起こします。

そのため、言わないで我慢していても痛みがなくなることはないでしょう。
痛みでパートナーとの性交渉が嫌になる前に、相談してみることをおすすめします。

潤滑ゼリーを使う

膣内の潤い不足の場合、潤滑ゼリーを使うと滑りがよくなり痛みが和らぎます。

ただし、潤滑ゼリーを使う場合、肌に合わないものを使用すると炎症を起こしてしまう可能性があります。
自分の肌に合った潤滑ゼリーを使用するようにしましょう。

当院では、リューブゼリーの使用をおすすめしています。
リューブゼリーは日本初の水溶性潤滑ゼリーで、潤い不足に悩む女性のために作られました。
全身のローションとは違い、潤滑ゼリーは膣内専用です。

リューブゼリーについて

ドラックストアで簡単に購入できるので、どの潤滑ゼリーがよいか悩んだら試してみてください。

メンタルケアを行う

自分の心に向き合うことも重要です。

心が元気じゃないと、前向きな気持ちで性行為に向き合うこともできません。
膣が濡れるためには、性的興奮を感じることが大切です。性的興奮を感じるためには、精神的にリラックスした状態で性交渉をするのが望ましいです。

セクハラなど性に対するマイナスなイメージがあると、身体が正常な反応を示さず、膣内が潤い不足になることにより性交痛を引き起こします。
トラウマなど精神的な不安がある場合は、メンタルケアから行いましょう。

婦人科形成でみてもらう

自分でやれることをやってみても痛みが解消されない場合、病院に行くことをおすすめします。
病院では、いろいろな治療法を提案してくれます。

十分な説明を聞いたうえで、自分に合った治療法を選択しましょう。
まずは、カウンセリングだけでも受けられるのでご相談ください。

下記に治療の一例を記載しますので、参考にしてください。

インティマレーザー

インティマレーザーは、膣内にレーザーを照射して治療する方法です。
「レノバレイス」というモードでレーザーの照射をすると、膣壁に弾力をつけることができ、膣内を乾燥しにくい環境にします。そうすることで、膣内の潤い不足を解消します。

レーザーは膣内部奥~膣開口部(処女膜輪外側)小陰唇にまで、幅広く照射可能です。

インティマレーザーついて詳しくみてみる

ホルモン補充療法

年齢とともに減少する女性ホルモン(エストロゲン)を補充する方法です。補充の方法には、経口型や貼ったり塗ったりするタイプの経皮吸収型があります。

ホルモン補充療法は、保険適用で自己負担が少なくなっているので、更年期治療の根本的な治療法として注目が集まっています。

膣剤

膣内が炎症を起こしている場合は、膣剤で治療する方法を採用します。膣剤を膣内に入れると、分泌液や体温で溶かされて体内に吸収されます。

炎症で痛みを感じている場合は、炎症が治ればヒリヒリすることもなくなり、スムーズな性交渉が可能です。

処女膜切開術

処女膜を切開して入口を広げる手術です。切除や切開で処女膜が硬すぎる症状を解消することで、スムーズな挿入が可能になります。

指が入らない、毎回出血するような方にはおすすめです。


処女膜切開術について

処女膜治療全般について

50代の性交痛に悩んだらご相談ください

50代の性交痛は、更年期で女性ホルモン(エストロゲン)が減少して、膣の潤い不足が原因で入口に痛みが起こることがあります。
性交痛は、心身のストレスがないことやパートナーとの相性も重要です。

1人で悩まずにパートナーや病院に相談しましょう。当院は、完全予約制で予約した時間は、患者様だけのプライベート空間です。

患者様のパートナーであっても男性は院内に入れないので、女性だけにしか言えない悩みお時間気にせずお聞きしますカウンセリングから診察、施術、アフターケアまで院長が責任を持って対応し、1人1人に合った解決法を一緒に考えていきますので、お気軽にご相談ください。


関連記事

50代の性交痛|奥が痛む原因6つと対処法を解説

50代の性交痛|奥が痛む原因6つと対処法を解説

50代は女性の身体に大きな変化を迎える時期です。奥に痛みを感じる場合は婦人科系の疾患を患っているかも...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

閉経後の身体の変化や性交痛の原因と対処法について解説しています。閉経後はエストロゲンという女性ホルモ...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事...

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法...

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。...

人気の記事

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざ...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

新着記事

50代の性交痛|奥が痛む原因6つと対処法を解説

50代の性交痛|奥が痛む原因6つと対処法を解説

50代は女性の身体に大きな変化を迎える時期です。奥に痛みを感じる場合は婦人科系の疾患を患っているかも...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

閉経後の身体の変化や性交痛の原因と対処法について解説しています。閉経後はエストロゲンという女性ホルモ...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事...

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法...

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。