50代女性の性交痛における、
対策や施術、セルフケアを紹介

監修医師

満行 みどり

公開日: 2020.05.28 更新日: 2023.05.22

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。
レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。
東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。


資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問わず起こりうる症状です。特に、更年期を迎えてから性交痛に悩まされている女性は少なくありません。痛みを感じた場合は、我慢せずにご自身に合った対策や治療をすることが大切です。本記事では、更年期における性交痛の対策法や施術法を紹介します。

この記事でわかること

● 50代の性交痛におすすめの対策


● 自分でできる性行為後のアフターケア


●50代の性交痛を改善する性交痛治療

50代の性交痛におすすめの対策

更年期における性交痛は辛いものですが、いくつかの対策を試すことによって痛みを和らげることができます。痛みを緩和するために有効な、セルフケア方法をいくつか紹介します。

リューブゼリーの使用

リューブゼリーのような、潤渇ゼリーの画像

リューブゼリーとは、日本で初めて開発された水溶性の潤滑ゼリーです。リューブゼリーを使用することで、挿入時の摩擦を減らし痛みを軽減します。男女問わず使用することができ、コンドームと一緒に使用しても問題ありません。
また、リューブゼリーは成分のほとんどが精製水でできています。精製水以外に使われている成分は、医薬品や化粧水で使われているものなので、人体への影響が少ないのが特徴です。リューブゼリーは信頼性が高く、行政や医療機関などでも使用されています。無色透明で、においもありません。潤滑ゼリーを安心・安全に使いたい方におすすめです。

こちらの記事でもリューブゼリーを詳しく解説しております。

『リューブゼリーはどうやって使う?ローションとの違いは?』について詳しくみる

エストリオールの投与

エストリオールとは、女性ホルモンのひとつで、膣内に錠剤を自己挿入する局所治療です。膣粘膜の保湿を促し、乾燥や不快感を緩和する効果があります。子宮内膜への影響が少なく、保険適用内で治療できるのがメリットです。

一方で、乳がんや子宮がんがある方は、卵胞ホルモンによって病状が悪化する可能性があるため使用できません。
エストリオールを使用する際は、専門医に相談することをおすすめします。

50代の女性にしてほしい性行為後のアフターケア

性行為後の正しいアフターケアは、快適な回復と健康を促します。性交痛の痛みを軽減する対策としても効果的です。

鼠径部を冷やす

鼠径部(そけいぶ)を冷やすことで、外陰部の炎症や腫れが引き、痛みを和らげることができます。冷たい布やタオルなどを鼠径部に当てるだけなので、簡単に冷やすことができます。痛みを和らげるのに有効な方法ですが、外陰部を直接冷やしてはいけません。外陰部は、皮膚が非常に薄くデリケートなゾーンだからです。

直接冷やしてしまうと、性交痛ではないトラブルを引き起こしてしまう可能性があるので、十分に注意しましょう。

デリケートゾーンの保湿をする

保湿クリームの画像

乾燥は、かゆみや痛みを引き起こす原因になります。膣は皮膚が非常に薄く乾燥しやすいので、「保湿」が欠かせません。特に50代以降の更年期の女性は女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、膣の潤いが不足しています。性行為後は膣周辺を優しく洗い、デリケートゾーンを清潔に保つことを心がけましょう。潤いを保つために、膣保湿クリームの塗布も効果的です。

また、経口からの水分補給も重要です。水分が不足してしまうと、膣の乾燥が進行してしまう可能性があります。水分補給は、細胞を活性化させるだけではなく膣の保湿にも重要な役割を果たしているのです。

リューブゼリーを使う

セックスは、身体的にも精神的にも緊張を伴う場合があります。緊張が原因で濡れにくいということは、決して珍しいことではありません。リューブゼリーを使用することで、摩擦や不快感を軽減し心身ともにリラックス状態を促します。性行為後のリラックス効果にもつながります。

また、性器への刺激や炎症、乾燥を防ぐ働きをしてくれることもあります。リューブゼリーは、日常的に問題なく使用できますが、治療薬ではありません。リューブゼリーを使用しても挿入時の痛みが改善されない場合は、専門医に相談することをおすすめします。

50代の性交痛を改善する性交痛治療

更年期における性交痛の施術法は、個人の症状や原因によって異なります。性交痛の悩みを根本から解決できる、具体的な施術法を紹介します。

インティマレーザー

インティマレーザの画像

インティマレーザーは、レーザーを使用して膣の細胞を活性化させ、膣の弾力を向上させる効果があります。

50代以降の女性が悩みをもっているエストロゲンの減少による膣の乾燥に、潤いを与えてくれます。乾燥しにくくなり、挿入の際の痛みがなくなるだけでなく、
膣のゆるみの改善にも有効的な治療法になっています。

治療時間は15~20分程度で、メスは使用しません。傷跡も残らず、体への負担が少ないのがメリットです。
挿入時に痛みを感じやすい方や、傷跡を残したくない方におすすめの施術法です。

インティマレーザーに関してはこちらの記事でも詳しく解説しております。
『性交痛・膣のゆるみに効果的なインティマレーザー』について詳しくみてみる

膣内ヒアルロン酸注射

下腹部を抑える女性

膣内ヒアルロン酸注射は、膣壁に直接ヒアルロン酸を注入し、膣の締まりを改善する効果があります。膣壁を厚くして、膣内に潤いを与えます。

治療時間は30分~1時間程度で、メスは使用しません。傷跡が残らず、即効性が高いのがメリットです。また、注射が苦手な方でも麻酔を利用して施術するため、痛みを感じることはほとんどありません。膣内の乾燥や、膣のゆるみが気になる方におすすめの施術法です。

モナリザタッチ

モナリザタッチとは、「炭酸ガスフラクショナルレーザー」と呼ばれるレーザー技術を用いて、膣内の再生を促す施術法です。顔の美容医療で用いられているレーザー治療を、膣用に応用したもので、膣の若返りが期待できます。

施術時間は10分程度です。施術の際は、外陰部に麻酔クリームを使用するため、膣内に痛みを感じることはありません。加齢による膣委縮を改善することで、挿入時の痛みの改善が期待されます。

そのため更年期の女性に多い萎縮性膣炎にたいする治療法として使われることが多いです。

また、モナリザタッチはホルモン剤を使用していません。そのため、ホルモン治療に抵抗がある方や、乳がんなどでホルモン補充治療ができない方におすすめの施術法です。

モナリザタッチの機械の画像

まとめ

50代以降の更年期における性交痛は、個人の症状や健康状態によって適切なケアをすることが大切です。潤滑ゼリーを使用したり、膣を保湿したりすることで一時的に痛みを改善することはできますが、根本的な解決にはなりません。痛みの原因を根本から改善することで、心身ともに健康で快適な性生活を送ることができます。

みどり美容クリニックでは、ひとりひとりの症状に合わせた施術法をご提案します。性に関する悩みはデリケートなので、相談しにくいという方も多いのですが、決して恥ずかしいことではありません。まずは、気軽にご相談ください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原因や対策について理解していきましょう。

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自分の身体や症状にあった治療をすることです。どのような治療を行うかどうかは、医師と相談のうえ慎重に決めましょう。

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。