デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説


デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説
監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医科大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

更年期を迎えると、女性の体にはさまざまな変化が現れます。その中でも特に気になるのが膣のにおいの変化です。

「膣のにおいが気になる」
「なんだかいつもと違う」
といったお悩みをお持ちではありませんか?

更年期における膣のにおいの原因は、多岐にわたりますが、原因に合わせて適切な対策を講じることで解消することができます。

本記事では、更年期における膣のにおいの原因とその治療方法について詳しく紹介します。

更年期のデリケートゾーンのにおいとは?

デリケートゾーンは多湿で温かい環境にあり、下着やナプキン、パッドの使用によりムレやすく、菌が増殖しやすい場所です。

多くの女性が陰部の臭いに悩んでいる

調査結果
引用:【ジェクス】ジャパン・セックスサーベイ2024

約1600人の40代から60代の女性が回答した市場調査によると、約20%がデリケートゾーンの臭いに悩んでいると言われています。

この問題は年齢に関係なく発生し、特に更年期に入るとホルモンバランスの変化によりさらに顕著になります。

臭いの原因はさまざまであり、適切な対策を取ることで改善することが可能です。

いつもと違う臭いには要注意

デリケートゾーンの臭いがいつもと違う場合は、感染症やその他の健康問題が考えられます。

年齢によって原因が異なるため、一概に異常とは言えませんが、臭いの変化は体からの重要なサインです。異常を感じた場合は、早めに専門医の診察を受けることが大切です。

後ほど、具体的な原因と対策について詳しく紹介します。

更年期からデリケートゾーンが臭う原因3つ

更年期に入ると、女性ホルモンの減少によりデリケートゾーンの環境が変化し、臭いが発生しやすくなります。

特に、以下の3つの原因が考えられます。

女性ホルモンの減少

更年期にはエストロゲンの分泌が減少します。エストロゲンは膣の潤いを保ち、自然の自浄作用を促す重要なホルモンです。

このホルモンが減少すると、膣内の潤滑が不足し、乾燥が進行します。乾燥した膣は自浄作用が低下し、細菌や雑菌が繁殖しやすくなります。

これにより、膣の臭いが強くなることがあります。エストロゲンの減少は避けられない変化ですが、適切なケアを行うことで症状を緩和することが可能です。

尿もれ

更年期になると、膀胱や尿道の筋肉が弱くなり、尿もれが発生しやすくなります。漏れた尿が下着や外陰部に付着したまま時間が経つと、アンモニア臭が発生し、不快な臭いの原因となります。

この問題は、吸水ライナーや吸水ナプキンを使用することで対策することができます。尿もれが頻繁に起こる場合は、専門医に相談して適切な治療を受けることが重要です。

性感染症

性感染症にかかると、おりものの量が増え、臭いが強くなることがあります。特に、クラミジアや淋病などの感染症は、膣内の環境を乱し、強い臭いを発生させる原因となります。

性感染症は放置すると深刻な健康問題につながるため、早期発見と治療が不可欠です。性行為を行う際は、適切な予防策を講じることが大切です。

更年期におけるデリケートゾーンの臭い対策4つ

更年期にデリケートゾーンの臭いが気になる場合、以下の4つの対策を講じることで症状を改善できます。

適切な洗浄と保湿

デリケートゾーンを清潔に保つことは重要ですが、強い水圧や高温の湯で洗うことは避けましょう。優しく洗浄し、適切な保湿を行うことで、乾燥とそれに伴う臭いを防ぐことができます。

専用のデリケートゾーン用の洗浄剤や保湿剤を使用することをおすすめします。過度な洗浄は逆効果となるため、適度なケアが必要です。

清潔でムレない環境づくり

デリケートゾーンの通気性を保つために、コットンやシルクなどの天然素材の下着を選びましょう。また、尿もれがある場合は吸水ライナーや吸水ナプキンを利用することで、下着の汚染を防ぎます。

適度な換気を行い、湿気のこもらない環境を維持することも重要です。

ホルモン補充療法HRT

ホルモン補充療法(HRT)は、更年期におけるエストロゲンの減少を補い、膣の乾燥を改善する効果があります。これにより、自浄作用が回復し、臭いの原因となる細菌の繁殖を抑制します。

HRTは医師の指導のもとで行う必要があるため、専門医に相談して適切な治療法を選択しましょう。

レーザー治療

尿もれによる臭いが気になる場合は、インティマレーザーを用いた尿失禁治療が有効です。この治療は、膣壁を強化し、膀胱や尿道の支持力を向上させることで尿もれを防ぎます。

レーザー治療は非侵襲的であり、短時間で効果が期待できるため、多くの女性にとって負担の少ない治療法です。治療後は通常、すぐに日常生活に戻ることができるため、忙しい生活を送る方にも適しています。

膣のにおいは医師に相談しましょう

膣のにおいは多くの女性が抱える悩みですが、感染症などの可能性も考えられるため、早めに専門医に相談することが重要です。

当院では、更年期における膣の問題を専門に扱う医師が在籍しており、多くの患者様の症状改善に成功しています。

年齢を理由に諦める必要はありませんので、ぜひ気軽にご相談ください。

関連記事

更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説

更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説

この記事では、更年期における膣の乾燥や不快感の原因を詳しく解説します...

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

当記事では、50代の性交痛に効く薬を紹介しています。50代性交痛の原因や薬以外の対処法も紹介してます...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

人気の記事

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざ...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

新着記事

更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説

更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説

この記事では、更年期における膣の乾燥や不快感の原因を詳しく解説します...

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

当記事では、50代の性交痛に効く薬を紹介しています。50代性交痛の原因や薬以外の対処法も紹介してます...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。