50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

更年期になり、女性ホルモンが減少したことによって性交痛を引き起こす方も少なくありません。
「今まで痛くなかったけど最近痛むようになった」
「膣の潤いが以前と比べて少なくなった気がする」
このようなお悩みを抱えていないでしょうか。

更年期を迎えた女性の性交痛の改善策として、ホルモン補充療法があります。性交痛の症状や原因は人それぞれですが、原因を解明し身体にあった治療をすることが大切です。

今回は、50代の性交痛の原因やホルモン補充療法の種類について紹介します。ホルモン補充療法を検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●50代の性交痛の原因


●性交痛におけるホルモン補充療法(HRT)の種類


●ホルモン補充療法(HRT)を受けられない方

●ホルモン補充療法以外の治療方法


●更年期の性交痛にはホルモン治療も効果的

50代の性交痛の原因

50代の性交痛の原因は以下の3つが挙げられます。

・女性ホルモンの減少
・心因的な要因
・婦人科系の疾患

それぞれ解説します。

女性ホルモンの減少

更年期になり女性ホルモンが減少すると、膣の湿潤が失われていきます。膣内が乾燥し、濡れに くい状態となるのです。潤い不足になると、男性器や指を挿入した際、膣の入り口付近が痛みます。膣が乾燥すると外部からの刺激に弱くなるため、性交痛だけではなく膀胱炎が起きやすくなるので注意しなければいけません。

また、女性ホルモンが低下することで膣が萎縮します。膣が委縮すると、物理的に摩擦に耐えられなくなり、場合によっては出血する可能性もあります。

心因的な要因

性行為に対する不安やトラウマなどが性交痛を引き起こしている可能性もあります。無理をすると身体がこわばり、痛みの原因となるのです。

特に、更年期になると理由もなく気分が落ち込みやすくなったり、イライラしやすくなったりします。 心因的な要因は目に見えないため、他人にはわかりにくいものです。性行為に不安を感じていたり、性交痛があったりする場合は、まずはパートナーに打ち明け相談してみてください。心因的な要因が性交痛の原因である場合は、メンタルケアが必要です。

婦人科系の疾患

膣の奥が痛む場合は、ほかの病気が潜んでいる可能性もあるため注意しなければいけません。以下のような症状がある方は要注意です。

・排尿や排便の際も膣が痛む
・性行為をしていなくても膣内や外陰部が痛む
・生理痛が重くなった
・膣の痛みが長時間続く
・膣だけではなく下腹部も痛む

上記のような症状がある場合は、婦人科系の疾患も疑われます。性感染症や膀胱炎の可能性もあるため、できるだけ早めに医師に相談することをおすすめします。

性交痛におけるホルモン補充療法(HRT)の種類

性交痛のホルモン療法治療の種類を4つ紹介します。 前提としてホルモン補充療法とは、女性ホルモン(エストロゲン)を補う治療方法です。更年期障害の改善に高い効果を発揮します。

子宮のある方は、子宮体がん予防のために「黄体ホルモン」を一緒に使用します。身体の状態にあわせた投与方法があるので、医師とよく相談してから決めましょう。 なお、ホルモン投与が「自分の身体にあわない」と感じた場合は、いつでもやめられます。

ただし、自己判断でやめると急激にホルモンバランスが崩れ、体調不良を引き起こす可能性があるため必ず医師の指示に従ってください。

経口薬

一般的に「飲み薬」と称されるもので、1日1回、毎日服用します。経口薬は胃腸から吸収され、肝臓を通って血液中に入ります。 子宮がある方は、エストロゲンのみの投与だと子宮体がんのリスクが高まるため、黄体ホルモン製剤を併用しなければいけません。エストロゲンと黄体ホルモン両方を含む内服薬もあります。 経口薬は投与が簡単で便利ですが、胃腸や肝臓に負担がかかることがデメリットです。

貼り薬

貼り薬は経皮剤と呼ばれ、下腹部などに貼って使用します。1週間に2回貼り変えるものや、2日に1回貼り替えるものがあります。 貼り薬は皮膚から直接吸収され、血液中に入ります。飲み薬と比較すると、胃腸や肝臓への負担が少ないことが特徴です。

経口薬と同様、エストロゲンと黄体ホルモン両方を含むタイプもあります。体質によって、かゆみ・かぶれなどの症状が出る場合があります。

塗り薬

塗り薬は貼り薬と同様、経皮剤と呼ばれ、直接肌に塗って使用します。さらっとした感触のジェル剤で、1日2回腕に塗ります。成分は皮膚を伝わり血管に吸収され、全身に行き届きます。

塗り薬は肝臓を通らず血液中に吸収されるため、身体への負担が少ないことが特徴です。

膣剤

膣剤の代表例は、「エストリール膣錠」です。1日1回、膣内に自己挿入します。奥まで挿入する必要はなく、人差し指の第2関節まで入れば問題ありません。

膣内で溶けるため、錠剤が脱出する心配も不要です。 エストリール錠剤は、膣粘膜のみに作用します。経口投与と比較すると、胃腸や肝臓への負担が少なく血栓などのリスクが軽減されることが特徴です。

ホルモン補充療法(HRT)を受けられない方

ホルモン補充療法は、誰でも受けられるわけではありません。ほかの病気の治療中の方や、過去の病歴などで受けられない方もいます。以下の項目に当てはまる方は、ホルモン補充療法を受けられません。

・子宮内膜がんを患っている
・冠動脈性疾患や脳卒中がある(既往歴がある)
・妊娠中もしくは妊娠の可能性がある 授乳中である
・重度な肝機能障害を患っている
・診断されていない異常性性器出血がある

上記はあくまで一例なので、詳しくは医師と相談しましょう。

ホルモン補充療法以外の治療方法

性交痛は、ホルモン補充療法以外の治療も可能です。

レーザー治療

膣内にレーザーを照射することで細胞が活性化され、膣内の弾力が向上し性交痛が軽減されます。膣壁の弾力を戻し、乾燥しにくい膣環境にすることが目的です。

レーザー治療ではメスを使用しないため、身体への負担が少ないことが特徴です。ダウンタイムや痛みも少なく、効果が現れるのも早いため安心して治療に取り組めます。 ただし、ホルモン補充療法と同様、病歴や膣の症状によって治療できないケースもあります。レーザー治療が気になる場合は、医師に相談しましょう。

▶インティマレーザーについてわかりやすく解説

処女膜切開術

処女膜切開術は、膣の入り口を広げ、不要に狭くなっている部分をメスで切開する方法です。これは更年期だけでなく、どの年代でも見られる処女膜強靭症という症状が見られる場合に有効な治療となっています。

性交時に男性器を挿入できなかったり、何度も入り口付近に強い痛みを伴い、出血する場合は処女膜を切開することで症状が改善されます。なお、処女膜切開術によって膣がゆるくなる心配はありません。

▶処女膜切開手術についてわかりやすく解説

リューブゼリー

リューブゼリーは、日本で開発された水溶性潤滑ゼリーです。膣内に自然な潤いを与え、性交時の痛みや不快感を解消する効果があります。膣内に悪影響を及ぼす成分は含まれていないため、安心して使用できます。病院に行かず一時的に行える改善策ですが、根本的な解決にはなりません。

痛みが続く場合は、原因を究明し改善することが大切です。不安な場合は医師に相談しましょう。

▶リューブゼリーについてわかりやすく解説

更年期の性交痛にはホルモン治療も効果的

性交痛のホルモン治療には、経口薬・貼り薬・塗り薬・膣剤があり、特に更年期を迎えた女性に効果的です。女性ホルモンの投与方法は、医師とよく相談してから決めましょう。 なお、性交痛はホルモン治療以外にも改善できる方法がいくつかあります。大切なのは、自身にあった治療方法を見つけることです。

当院は、デリケートゾーンに特化した治療を行っており、豊富な実績がございます。院長がカウンセリングを行い患者様の要望を取り入れた最適な治療を提案いたします。性交痛にお悩みの方は、まずご相談ください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問わず起こりうる症状です。特に、更年期を迎えてか...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原因や対策について理解していきましょう。

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自分の身体や症状にあった治療をすることです。どのような治療を行うかどうかは、医師と相談のうえ慎重に決めましょう。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。