50代女性によくある
セックスが痛い原因5選

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2020.05.28 更新日: 2023.05.22

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざまです。50代の女性に多く見られる性交痛の原因は、ホルモンの変化による膣の乾燥や膣委縮、ストレス、心理的な影響など、多岐にわたります。

また、思わぬ病気が潜んでいる可能性もあるので、絶対に放置してはいけません。
本記事では、50代女性によくある性交痛の原因を5つ紹介します。

はじめに
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

● 50代によくある性交痛の原因と、その予防法


● 出産経験の有無で分けられる性交痛の原因

原因①更年期に多い萎縮性膣炎

性交痛の原因のひとつとして、萎縮性膣炎が考えられます。

萎縮性膣炎とは、膣の壁が乾くことでかゆみを感じたり、ただれたりしてしまう症状です。また、黄色いおりものが出たり、挿入時に痛みを感じたりします。50代以降の閉経後の女性に多く見られる症状で、閉経に伴うエストロゲンの減少が主な原因です。

原因①萎縮性膣炎

エストロゲンは、膣の健康を維持する重要な役割を担っています。しかし、更年期や閉経によるエストロゲンの減少は避けて通れません。エストロゲンの減少は、体にさまざまな影響を及ぼします。膣の組織が薄くなって膣が乾燥しやすくなったり、膣内の病原菌が増殖しやすくなることで膣炎が誘発されてしまったりするのです。

萎縮性膣炎の予防法

萎縮性膣炎を予防する
3つのポイント

萎縮性膣炎の予防には、定期的な膣の保湿ケアが重要です。肌と同じようにドラッグストアには、膣ケアの市販薬が多く立ち並ぶようになってきました。一度見てみるといいでしょう。また、バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠など、生活習慣を見直すことも効果的です。喫煙や過度のアルコール摂取は膣に悪影響を及ぼす可能性があるので、極力控えた方がよいでしょう。

原因②油断してはいけない骨盤痛症候群

骨盤周辺を抑えて
辛そうにしている50代女性 原因②骨盤痛症候群

骨盤痛症候群とは

骨盤痛症候群とは、骨盤周辺の痛みや不快感が現れる症状で、婦人科疾患の一種です。骨盤周辺だけではなく、下腹部や外陰部に痛みを感じることもあります。鈍い痛みや激しい痛み、急激に痛んだり突然痛みが消えたりするなど、痛みの種類もさまざまです。
また、骨盤痛の原因となる病気には、膣・子宮頸部・子宮・卵管の病気が潜んでいる可能性もあります。思わぬ病気が隠れている可能性があるので、一時的に痛みが引いたからといって決して油断してはいけません。

骨盤痛症候群の予防法

骨盤痛症候群の予防には、ストレスの解消と適度な運動が効果的です。痛みや違和感が続く場合は、専門医に相談することをおすすめします。

原因③50代女性がなりやすい膀胱炎

尿道感染症によって性交痛を感じるケースも考えられます。50代になると体の変化が起きてきます。更年期や閉経によるエストロゲンの減少によって、尿道や膀胱の組織が脆弱になることがあります。そのため細菌が尿道を通して膀胱に侵入すると、尿道付近の弱くなった組織から感染を引き起こしてしまいます。つまりエストロゲンの減少によって尿道の組織が薄くなり、乾燥することで膀胱炎のリスクは高まります。

膀胱炎の予防法

膀胱炎を予防する
3つのポイント

膀胱炎を予防するためには、日頃から意識して対策することが大切です。
適切な量の水分を摂り、排尿を促すことで膀胱内の細菌を排出しやすくなります。細菌の増殖や感染のリスクを抑えるためにも、排尿を我慢してはいけません。また、性交後に排尿することも膀胱炎の予防に効果的です。
細菌の増殖を抑えるために常に女性器周りを清潔な状態に保つことを心がけましょう。

また、もしコンドームをつけていないようでしたら注意が必要です。
50代以降閉経したからコンドームを付けなくても良いと考えている方もいらっしゃいますが、
感染症にかかるリスクは依然としてあります。

必ずセックスをする際はコンドームをつけるようにしましょう。

コンドームをつけるべきかどうかについてはこちらの記事でも詳しく解説しております。

『閉経後でもコンドームはつけないとだめ!?妊娠と感染症のリスク』について詳しく見る

原因④膣筋肉の緊張や痙攣

膣の筋肉が過度に緊張し、痙攣を起こしてしまうことを膣痙攣といいます。膣が異常に収縮するため、無理に挿入を試みると痛みが生じます。男性器だけではなく、指を挿入した際に痛みを感じることもあります。
膣痙攣は、自分の意思とは関係なく、無意識で引き起こされます。この症状をワギニスムスとも呼びます。通常50代の更年期以降の女性というより、セックスが未経験の人に現れやすい症状ですが、不安やストレスなどで経験者でも現れる可能性は十分にあります。また、挿入時に起きてしまうケースもあるので注意が必要です。

膣筋肉の緊張や痙攣
を予防する3つのポイント

  • 1リラックスして心身
    の緊張を解く リラックスして心身の緊張を解く
  • 2ストレッチやヨガ ストレッチやヨガ
  • 3自律神経を整える 自律神経を整える

膣筋肉の緊張や痙攣の予防には、リラックスして心身の緊張を解くことが大切です。
また、膣の筋肉を緩めるために、ストレッチを行うことも効果的です。
ヨガを始めてみたり、お風呂上りにストレッチの時間を作るなど習慣化していくと、心身ともに安定してくると思います。 そして自律神経を整えるためにも、規則正しい生活リズムを心がけましょう。

原因⑤更年期での精神的な要因

性交痛は身体的な原因ではなく、精神的な要因から引き起こされることも十分に考えられます。
ストレスや不安、うつ病なども、痛みの要因のひとつとして考えられます。
特に50代になり更年期を迎えると、なんだか落ち着かなかったり、イライラして感情のコントロールが難しくなってしまいます。

精神的な要因で起きる性交痛の予防法

精神的な要因である性交痛の予防法 精神的な要因である性交痛の予防法

精神的な原因が痛みの原因となっている場合、性病や身体的な異常がないか婦人科や専門家の診断を受けることも大切です。適切なカウンセリングや治療を通じて、性交痛を軽減することが可能です。また、パートナーとじっくり話し合い、理解を得ることも重要です。

出産の有無で分けられる50代の性交痛の原因

出産の経験の有無でも、性交痛の原因が違う場合があります。出産は、心身ともに大きな負担となります。出産経験の有無で考えられる性交痛のそれぞれの原因は以下の通りです。

出産経験がある場合

出産経験がある場合 出産経験がある場合

分娩時に会陰切開や裂傷、縫合を受けた場合、瘢痕や組織の変化から性交痛を引き起こしている可能性があります。過去の経験でも、更年期になると性交痛の原因となりかねません。また、分娩による膣や骨盤の筋肉の緊張や損傷も考えられます。分娩により膣周辺の筋肉は伸縮し傷付く場合があるからです。また、産後のストレスやうつ病、不安など精神的な要素から性交痛を引き起こすこともあります。

出産経験がない場合

出産経験がない場合、出産経験のある場合の原因に当てはまらない場合があります。
しかし、更年期を迎えることで、女性ホルモンが減少してしまうのは出産の有無とは関係ありません。
ホルモンバランスの変化によって潤いが不足することで、痛みを感じ、炎症や感染症を引き起こす可能性もあります。

まとめ

更年期における性交痛の原因は、人によって異なる場合があります。ホルモンバランスの変化によるものが大きな原因として考えられますが、精神的な原因や病気が潜んでいる可能性も考えられます。

症状が継続する場合は、医師の診断とアドバイスを受けることが重要です。適切な治療方法や対処方法を導き出すことで、性交痛を軽減することが可能です。

性に関する悩みはデリケートな問題ですが、ひとりで抱え込まないことが大切です。悩みや不安を抱えたままだと、それがストレスとなり悪循環になりかねません。まずは痛みの原因を知り、根本的な解決を目指しましょう。
みどり美容クリニックでは、まずは徹底したヒアリングのもと、患者様に合った施術を提案します。
まずはお気軽にご相談ください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因はエストロゲン不足。本記事では、萎縮性膣炎になる4つの原因とともに、症状や具体的な対処法を解説します。

50代久しぶりのセックス|濡れない時の理由から対処方法までを解説

50代久しぶりのセックス|濡れない時の理由から対処方法までを解説

久しぶりのセックスが不安、、、こんな悩みはないでしょうか?久しぶりのセックスでは濡れないなど、さまざまなトラブルが起こることもあります。本記事では50代女性が久しぶりのセックスで抱える問題...

50代の初デートはどこまで?スキンシップや気をつけるポイントとは

50代の初デートはどこまで?スキンシップや気をつけるポイントとは

略歴国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事では、更年期の性交痛と出血の原因、治療法をご紹介します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。