50代女性の性交痛と出血の原因は?
更年期の性交痛治療を紹介

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

女性は更年期に入るとホルモンバランスや身体に変化が出やすくなり、20代から40代の頃には無かった悩みが増えてきます。

特に50代になってから性生活の悩みが増えた方も多いです。

「10年ぶりにセックスができそうだったのに痛くて入らなかった」
「50代になってから初めてのセックスだから性交痛が心配」

こういった悩みは、まわりに相談しにくい内容でもあるので諦めたり放置してしまう方もいますが、症状が悪化したりパートナーとの関係が悪化してしまう恐れがあるため、おすすめできません。本記事では、セックスのときに男性器が入らない性交痛の原因や治療方法を紹介します。

まずは更年期における性交痛の理解を深めて、医療機関で受診することを検討しましょう。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●男性器が入らない性交痛の原因5つ


● 病院で行う治療方法3つ


●セルフケア・習慣2つ

更年期の性交痛とは?

性交痛は50代に限らず若い方でも起こり得る症状です。
もともとも持っている体質や、ストレスなどの心身状態、感染症など年齢に関係ない原因があるためです。

しかし更年期に入ると、これらの原因に加えて女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が低下することも性交痛を引き起こす要因となってきます。

「膣の中の状態が変わるなんて知らなかった」と思っている女性もいらっしゃると思います。

痛みを我慢したまま無理にセックスをしてしまうと出血を起こしたり、その傷口から炎症が起きるなど、症状がどんどん重くなってしまいます。久しぶりのセックスで失敗する前に、性交痛について理解することが重要です。

男性器が入らない性交痛の原因5つ

男性器が痛くて入らない原因は様々ありますが、ここでは5つの原因をご紹介します。

特に1つ目の「女性ホルモンの低下」が更年期の女性特有の原因ではありますが、若年層にも見られる症状が更年期になってから発症する可能性もあります。

他4つの原因も併せて参考にしてください。

更年期と女性ホルモンの減少

本来女性ホルモン(エストロゲン) は卵巣から分泌されて、膣の弾力や潤いを与えてくれる働きがありますが、更年期に入るとこの女性ホルモンの分泌量が減少していきます。

これが原因で、膣粘膜が乾燥したり固くなったりして摩擦による痛みが生じることがあります。

膣が潤っていないときに挿入をしようとすると、痛くて入りづらいこともあります。
乾燥が原因でハリや弾力の低下にも繋がってしまいます。ふかふかに膨らんでいた膣内も、女性ホルモンの分泌量が減少すると少しずつ薄くなっていき、挿入時の痛みを引き起こします。

カンジダ外陰腟炎

カンジダとは真菌(カビ)の一種で、勘違いされやすいクラミジアや淋菌とは全くの別物です。

カンジダ菌は皮膚や腸など消化管、膣内に広く存在する在中菌ですが、人にもともと備わっている防御機能(免疫、粘膜、角質など)によって守られているため、症状が現れないことがほとんどです。

しかし、加齢による膣の潤い不足が原因で膣に傷がついた場合は、そこからカンジダ菌が侵入し外陰腟カンジダ症を引き起こします。感染すると外陰部の腫れや痒みなどの症状が出てしまうため、挿入時の痛みにも繋がります。

発症したときには、医療機関による外用薬や膣剤を使った治療が必要になりますので、少しでも心当たりがあれば早めに相談することが大切です。

子宮頸がん

子宮頸がんは、子宮の入り口に位置する子宮頸部に発生する悪性腫瘍です。

性交時に痛みがある場合は、子宮頸がんが原因となっていることがあります。時間が経つにつれて性交痛が悪化しているときは、がんの進行による痛みの増加であり、深い組織にまでガンが達している兆候の可能性があります。子宮頸がんの初期症状は、非常にわかりにくく、他の膣炎や感染症と混同されることが多いです。

痛みを感じた時点で、早めに医療機関で受診することが重要です。

筋肉に力が入る・固くなっている

セックスに何かしらの不安があったり、セックスに対するトラウマやストレスがあると、それが原因となって痛みを引き起こしてしまいます。

挿入時の痛みが原因で性交渉ができなかったなど、一度トラウマを抱えてしまうと更に不安と緊張が重なって膣が固くなってしまいます。これは膣けいれん(ワギニスムス)と呼ばれるもので心因性の疾患だと考えられています。

パートナーに不安や不満などを話し、セックスを楽しめるよう環境作りをしていくのが大切です。一方で精神的な問題よりも、物理的な原因が性交痛に繋がっているケースの方が多いため、やはり早めの受診と治療を検討することがおすすめです。

処女膜強靭症

前戯の段階で指を挿れようとしただけで痛くなったり、男性器が痛くて全く入らない場合は、処女膜強靭症の可能性があります。

処女膜強靭症とは、処女膜が生まれつき固かったり厚くて伸びにくい状態のことです。この状態で無理に挿入してしまうと、強い痛みや出血が生じてしまうことがあります。

処女膜強靭症は決して若年層にしか見られない症状ではなく、40代~60代のいわゆる「高齢処女」にも見られる症状です。日本の高齢処女の割合は、年代ごとに40代が6.6%、50代が6.8%、60代が5.1%であり決して少なくありません。50代であれば、25人に1~2人が処女である計算です。はじめてのセックスを経験したときに、処女膜強靭症に気付くこともあります。

出典:JEX『ジャパンセックスサーベイ2020』

 

処女膜強靭症は自己治療がとても困難なため、婦人科形成で「処女膜切開手術」という治療をする必要があります。
「処女膜切開手術」は処女膜にある靭帯の硬い部分を切除して、挿入がしやすくなる手術です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

▶処女膜切開手術について詳しく見る

病院で行う治療方法3つ

更年期における性交痛の中でも痛くて入らなかったという症状については、パートナーとの関係が悪化するだけでなく、前述したように様々な病気の可能性が考えられます。

いずれにせよ病院での相談と治療が必要ですが、実際に病院で治療を行う方法を3つご紹介します。

エストリオール(女性ホルモン)の投与

エストリオールとは、女性ホルモンのひとつで、膣内に錠剤を挿入するホルモン充填方法です。

ホルモン補充療法(HRT)には、エストラジオール(E2)とエストリオール(E3)の2種類がありますが、保険診療の範囲内で使用できるエストロゲンの腟錠はエストリオールです。膣粘膜の保湿を促し、乾燥や不快感を緩和する効果があります。

ただし、エストロゲンの欠乏状態は補充すること以外に根本から改善させることが難しいため、性交痛の改善が目的の場合は長期間の治療が必要な場合もあります。

インティマレーザー

挿入時に痛くて入らなかったり、入るけど痛みを感じる場合には膣内の潤いが足りていないことが原因とされることが多いです。これを根本的に解消するには、「インティマレーザー」での治療がおすすめです。

メスを使った手術ではないので、体への負担を少なくすることが可能です。レーザーを膣内に照射することで、膣の細胞を活性化して弾力性や潤いを向上させます。

レーザーは当てる場所が非常に重要であり、経験と技術によって効果も大きく差がでてきます。看護師ではなく、資格を持った施術者が対応してくれるか確認すると良いでしょう。当院ではインティマレーザーの指導医の資格をもった院長が直接施術し、一人ひとりに合った治療を行います。

レーザー治療について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

インティマレーザーについて詳しくみて見る

処女膜切開手術

処女膜の粘膜が厚かったり、粘膜の奥にある処女膜靭帯が硬いことが原因で挿入が困難な方に有効的な手術が「処女膜切開手術」です。処女膜切開手術は、痛みの原因となる靭帯の硬い部分を切除する手術です。つっぱりを切除することで挿入がスムーズになり性交時の痛みが緩和されます。局所麻酔に併せて静脈麻酔(リラックス麻酔)を使用するため、痛みを全く感じない手術が可能です。

手術内容について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

▶処女膜切開手術について詳しく見る

膣に入らなかったときのセルフケア・習慣2つ

性交痛を改善させるためには医療機関で治療することが最善ですが、一時的な措置や長期的な予防方法としてセルフケアも有効です。次に2つのセルフケアの方法をご紹介します。

ダイレーターで徐々に慣らす

子育て中のセックスレスを経て10年ぶりに性交渉をする「セカンドバージン」の方におすすめの器具です。婦人科で医師が処方するものや、オンラインストア等でご自身で購入できるものもあります。細いものから太いものまで種類があり、少しずつ膣を拡張していくことで痛みを改善していく、いわゆる「膣トレ」用の道具です。大事なことは、最初から無理に太いタイプを使わずに、後述する「リューブゼリー」を併用しながらゆっくりと改善させていくことです。

リューブゼリーを使う

前戯の段階からリューブゼリー(潤滑剤)を取り入れることも効果的です。リューブゼリーを使用すると膣内の自然な潤いを再現できるようになり、スムーズで痛みの少ない性行為が可能になります。

リューブゼリーの成分は精製水の他、医薬品や化粧品で使われる成分によって構成されている女性器専用潤滑剤です。体への影響はほぼなく安心して使うことができます。

一方でよく勘違いされやすいローションは、膣ではなく全身に使用する想定のため、ぬめりが強く水に溶けにくい性質があります。膣に入ると中々出てこない特徴があり、痒みに繋がることもあるため、女性器及び周辺に使用することはおすすめできません。

リューブゼリーを使ったケアについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

リューブゼリーについて詳しくみてみる

50代の性交痛は早めの診断がおすすめ

セックスのときに痛くて入らなかったり、性交痛を感じたときは早めに医療機関で受診しましょう。

「50代にもなったし以前のようなセックスはできない」と思い込んでしまう方も多いですが、放置や自己治療は症状の悪化にも繋がるので、お早めに当院へご相談下さい。

当院は女性専門のクリニックとして、経験豊富な院長が直接カウンセリングから施術まで対応いたします。レーザー機器も最上位モデルを導入しており、様々な症状や悩みを根本的に解決させることができます。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事では、更年期の性交痛と出血の原因、治療法をご紹介します。

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法をお伝えします。パートナーとの関係性にも関わる大事な問題。放置せず、適切に対処していきましょう。

50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざまです。50代の女性に多く見られる性交痛の...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法について詳しく解説します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。