50代で起こる性交痛の原因とは?
GSMについても解説

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

「久しぶりに性行為をしようとしたら、痛くてうまくできなかった・・・」 そう悩む更年期の方は少なくありません。

性交痛は年齢に関係なく起こる症状ですが、若い年齢で起こる性交痛とは原因が異なる場合があります。

今回は、性交痛に悩む更年期の方たちに向けて、痛みの原因と対処法についてお伝えしていきます。

 

【更年期】50代で起こる性交痛4つの原因

女性の身体は年齢とともに変わっていきます。特に閉経を迎えホルモンバランスが大きく変化する更年期になると、様々な症状が出てきます。

若い頃には起こらなかったことが起こることもあり、更年期の性交痛もその一つです。

では50代で起こる性交痛の原因には、どのようなものがあるのでしょうか?
膣内の乾燥 膣内の広がりにくさ 精神的なストレス 萎縮性膣炎やGSMなどの病気 大きく分けて、このような原因が考えられます。それぞれ解説していきます。

膣内の乾燥

性交痛の原因として多いものが、膣内の乾燥です。元々の体質的な問題もあれば、加齢によって起こる場合もあります。

更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンが大幅に減少し、様々な体調不良が起こります。エストロゲンの減少は膣内の環境にも影響します。膣機能が低下したり、粘膜が薄くなったり、膣分泌液の量が低下したりすることで、乾燥を引き起こします。

そのような状態で性行為を行うと、ヒリヒリとした痛みを感じ、場合によっては挿入時の擦れにより出血することもあります。

膣内の広がりにくさ

元々体質的に膣内の広がりにくさを抱えている場合もあります。膣の大きさや奥行き、幅は人によってそれぞれで、膣の中にある粘膜が人よりも固い場合もあります。

更年期による女性ホルモンの減少は、膣の乾燥だけでなく萎縮も引き起こします。元々の膣内の広がりにくさに加え、萎縮が起きている状態で無理に挿入を試みようとすると、性交痛を引き起こす可能性があります。

精神的なストレス

性行為はデリケートなものであり、精神的なストレスの影響を大きく受けます。加齢による影響だけでなく、ストレスから膣分泌液の量が低下し、痛みを引き起こしている可能性もあります。

性交痛を経験すると、その経験から再度性行為を行う際に緊張したり、「また痛くなるかも」と思ってしまったり、ストレスを感じやすくなります。

パートナーとの関係性に悩んでいたり、体調に不安がある場合もあるでしょう。何かしらのきっかけが過去の性行為にまつわるトラウマを思い起こさせてしまい、心的な負担になっていることもあるかもしれません。

萎縮性膣炎やGSMなどの病気

性交痛がある場合、もしかしたら膣内で炎症が起きる「萎縮性腟炎」の可能性もあります。

膣内の乾燥により雑菌が繁殖したり、生理が終わると膣内を正常に保ってくれる菌がいなくなることから、炎症を引き起こしやすくなります。 萎縮性腟炎になると、性交痛の他に、黄色いおりものが出たり、膀胱炎になりやすくなるといった症状があります。

こうした閉経前後からデリケートゾーンを中心に発生する症状を「閉経関連尿路性器症候群(GSM)」とも言います。 性行為をしない場合であっても、デリケートゾーンに違和感がある場合は、放置しないことが大切です。

昔は性交痛がなかったのはなぜ?

更年期を迎えることでエストロゲンというホルモン分泌量が低下することが理由の一つです。

性交痛は年齢問わず誰でも起きる可能性はありますが、エストロゲンの減少により、特に更年期の方が多く抱える悩みとなります。

そのため昔は全くなかった方でも更年期になってから起こる可能性があります。

【50代の性交痛】4つの対処法についてわかりやすく解説

性交痛は、デリケートな話であり、周囲と話す機会も少ないことから、どうしたら良いかわからないという方も多くいます。

では、これらの性交痛に対してどのような対処法があるのでしょうか。

・潤滑ゼリーの使用
・インティマレーザー
・カウンセリングを受ける
・パートナーに理解してもらう

原因や状況に合わせて様々な対処法があるので、それぞれ見ていきましょう。

潤滑ゼリーの使用

性交痛の多くの場合、乾燥による潤いの低下が考えられます。その場合は、まずは単純に潤滑ゼリーを使用し、潤いを足してあげることで解決する場合があります。

女性器だけでなく男性器にも付けることで、より痛みが緩和する可能性があります。

ウォーターベース、オイルベース、シリコンベースなど様々なタイプがあり、香りがついたものもあるので、好みに合わせて試してみると良いでしょう。 使用する量も人によってそれぞれなので、調整しながら試してみましょう。

こちらの記事でも詳しく解説しています。

▶潤滑ゼリーの使い方をわかりやすく解説

インティマレーザー

インティマレーザーは、性交痛やGSMに対応できるレーザー治療です。膣の粘膜を傷付けることなく細胞を活性化することで、症状を改善します。

膣のゆるみや尿漏れ、小陰唇のタイトニング、外陰部のホワイトニングなどにも対応しています。

性交痛の改善にはインティマレーザーのレノバレイズというモードを使用して治療を行っていきます。このモードはGSMに対しても効果的です。

金額や細かい治療方法は各クリニックによって異なりますが、インティマレーザーは実績や論文が多数報告されている安全性が高いレーザー治療です。

そのためインティマレーザーを導入しているクリニックも増えてきていますが、レーザーをどこに当てるかで効果の差が大きく出るような、技術が必要な治療になっています。

当院は日本で始めてインティマレーザーを導入したクリニックであり、インティマレーザー指導医として多くのクリニックを指導してきた院長が、カウンセリングから施術まで一貫して対応しますのでご安心ください。

インティマレーザーについてはこちらの記事でも詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

▶インティマレーザーについて詳しく見てみる

カウンセリングを受ける

性交痛の原因は人によってそれぞれです。まずは医療機関を受診することをおすすめします。

はっきりと性交痛だとわからない場合でも、デリケートゾーンに違和感がある方はカウンセリングを受けてみると良いでしょう。相談できる相手がいない場合も多いので、専門家に相談できるだけでも気持ちが楽になります。

また性交痛の原因は人それぞれ異なります。自分で調べるだけでなく、医師に直接みてもらうことでより適切な対処ができるでしょう。

パートナーに理解してもらう

性行為に関する問題は、自分一人の問題ではなく、相手と二人の問題でもあります。

もしかしたら、自分だけの問題ではないかもしれません。素直にパートナーに相談してみましょう。

「恥ずかしい」「相談しづらい」と思うかもしれませんが、隠して一人で抱えてパートナーとの関係性が微妙になってしまうよりは、勇気を出して相談することで、その後の関係性も深まることでしょう。

インターネットの記事を見せたり、知人から聞いた話として切り出してみるのも有効です。

性交痛を放置するとどうなる?

性交痛は性行為をしなければ良いと思われがちですが、場合によっては病気が潜んでいる可能性もゼロではありません。

性交痛に限らず身体に違和感がある場合は、放置せずにクリニックや医療機関に行きましょう。

特に性行為は相手がいることなので、相手との関係性のためにも放置しないことをおすすめします。

まとめ

更年期の女性の多くが抱える悩みの一つ、性交痛。若い頃にはなかったことからどうして良いかわからず、さらにデリケートな問題であることから一人で悩んでいる人は多くいます。

当クリニックでは、こうした性交痛を始め様々なデリケートゾーンの悩みに対応しています。院長は、アメリカレーザー医学会(ASLMS)や日本美容皮膚科学会など国内外の学会において日本で初めて膣の引き締め治療を始めとした女性器治療についての発表をおこなっているパイオニアです。

その院長自らがカウンセリングから実際の施術まで全てを行いますので、安心して治療をしていただけます。

また、インティマレーザー指導医の資格を保有しており、多くの医師へのインティマレーザー治療の指導を行っているため、世界基準のインティマレーザー治療が可能です。

限りある人生、一人で悩んでいてはもったいないです。場合によっては専門家の力を借りることも大事です。更年期であっても、楽しい生活を送っていきましょう。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事では、更年期の性交痛と出血の原因、治療法をご紹介します。

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

【閉経後のセックスでもコンドームは必要!】50代女性のセックスに関する疑問を解消します。今回は閉経後にゴム無しで妊娠するのか?という疑問にお答え。ゴムをつけるべき理由を解説します。

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

閉経後の身体の変化や性交痛の原因と対処法について解説しています。閉経後はエストロゲンという女性ホルモンの低下によりさまざまな症状が現れます。性交痛もエストロゲンの低下が原因のことが多いです。今回は閉経後の性交痛の原因について詳しく解説します。

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。