50代の性交痛|奥が痛む原因6つと対処法を解説

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

「久しぶりの性交で膣の奥に痛みを感じて不安」
「以前は無かった膣の痛みの原因が知りたい」

50代の性交でこのようなお悩み・不安を抱える方は多いです。
更年期を迎える女性の身体にはさまざまな変化があり、性交痛もそのなかの一つです。

当記事では、50代の膣の奥に起こる性交痛について解説しています。原因や対処法も解説しており、50代更年期の性交痛でお悩みの方はぜひご覧ください。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●50代の性交で膣の奥が痛む6つの原因


●深部性交痛の3つの対処方法

50代女性に起きる身体の変化

更年期の女性の身体には、さまざまな変化が起こります。最も特徴的といえるのがエストロゲン(女性ホルモン)の減少です。

更年期では閉経を迎え、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。その結果、身体的・精神的にさまざまな身体の不調を引き起こします。加齢によるエストロゲンの減少は、更年期の性交痛の原因の一つです。

更年期に起こる症状の例は以下のとおりです。

分類 症状
身体的な症状 ・ホットフラッシュ ・性交痛 ・熱感 ・発汗 ・めまい ・動悸 ・胸の締め付け感 ・頭痛 ・肩こり ・関節痛 ・腰、背中の痛み ・しびれ ・冷え
精神的な症状 ・意欲の低下 ・不眠 ・イライラする ・気分の落ち込み

50代は、心筋梗塞や脳卒中、がんなど命に関わる疾患が増え始める時期でもあります。また、筋力の低下や長年の関節への負担からくる腰痛や五十肩など、身体の衰えを感じる方もいらっしゃるでしょう。

このように、50代はこれまで使ってきた身体に大きな変化が起こる時期であるといえます。この機会に、食生活など生活習慣の見直しをすることも大切です。

50代の性交で膣の奥が痛む6つの原因

50代の性交痛で膣の奥が痛む場合は「深部性交痛」と呼ばれ、いくつかの原因が考えられます。ただし、同様の原因で膣の入り口や外陰部に痛みを感じる場合もあります。

精神的ストレスの影響

精神的ストレスにより、性交痛になることがあります。ストレスにより、膣の潤滑不足や筋肉の硬直を引き起こし、膣がしなやかさを失うためです。

精神的ストレスの影響は、膣の奥だけでなくデリケートゾーン全体に影響することもあります。精神的ストレスは、仕事上のトラブルや人間関係など性交とは直接関係無いようなことも原因となる場合があり注意が必要です。

これまでの性交でうまくいかなかった経験や、久しぶりの性交に対する不安や緊張も原因となります。このような失敗経験が積み重なり、さらなる性交痛への影響も考えられます。

また、パートナーへの愛情が薄く興奮がない場合やリラックスした環境ではないことなども、精神的な影響による性交痛の原因です。

更年期による影響

50代は更年期に差し掛かる時期であり、性交痛にも大きな影響があります。更年期の特徴の一つは、女性ホルモンであるエストロゲン分泌量の減少です。

エストロゲンには、膣壁の潤いを保つ重要な役割があります。エストロゲンの分泌量が減少することで、膣壁が薄くなり膣内の潤いがなくなります。

さらに、膣全体が萎縮して弾力がなくなることが性交痛の原因です。膣萎縮は膣全体に影響するため、奥だけでなくデリケートゾーン全体で痛むこともあるでしょう。

また、エストロゲン分泌の減少は痒みや臭い、おりものなど性交痛以外にもさまざまな症状を引き起こします。

更年期によるエストロゲン分泌量の減少は、女性なら誰しもが通る道です。精神的な落ち込みにつながらないよう前向きに付き合っていくことが大切です。

炎症・感染症にかかっている

膣内で炎症や感染を起こしていることが原因で性交痛になる場合があります。50代に多いのは、萎縮性膣炎です。

萎縮性膣炎とは、老人性膣炎とも呼ばれ女性ホルモンであるエストロゲンの減少による膣内の乾燥で起こります。膣内にはデーデルライン桿菌による自浄作用がありますが、膣内の乾燥により常在菌が減少した結果、雑菌の増殖をもたらすことが炎症の原因です。

また、膣内が乾いてしまうことで奥だけでなく膣内全体が傷つきやすくなります。歩行や性交などで膣内が傷つき、炎症を引き起こす場合があります。

感染症の例として、膣トリコモナス症やカンジダ感染症などがありますが、膣の奥の痛みとしてはまれです。

膣トリコモナス症は、性交により感染することが多いものの、まれにタオルや便器など性交以外から感染する場合があります。カンジダは常在菌による自己感染が多いですが、性交によって感染することもあります。

婦人科系の病気になっている

深部性交痛の場合、卵巣腫瘍や子宮筋腫などの婦人科系の疾患の可能性があります。卵巣腫瘍は、大きいものだと20cmを超えることもある卵巣にできる腫瘍です。

卵巣腫瘍のうち、10%程度は悪性であり、高齢になる程死亡リスクが高まります。そのため、卵巣腫瘍の疑いがある場合は早めの対処が必要です。

悪性の卵巣腫瘍である卵巣がんは、40代から増加し50〜60代の発生が最も多くなります。

他に、婦人科系の疾患には子宮にこぶができる子宮筋腫があります。ただし、子宮筋腫は良性の腫瘍であり、閉経後には縮小していくことが多いです。

深部性交痛の場合、卵巣がんのような重症な疾患を患っているおそれもあるため、早めにクリニックで受診することをおすすめします。

パートナーとの問題によるもの

パートナーとの問題により深部性交痛となる原因の一つに、愛液の分泌が十分でない場合があります。前戯が不十分であるなど、興奮状態がないと膣は十分な潤いを得られません。

また、無理のある体位や膣の奥を強く突くなど、間違ったテクニックにより性交痛となることがあります。この場合、状況により膣の奥以外に、入り口近くで痛むこともあるでしょう。

他に男性器のサイズが合わないことが原因で痛みが出るケースもあります。これらが原因の性交痛は解決できることも多く、対処法は後述します。

体質が原因となる場合

体質が原因で性交痛となる場合があります。もともと膣の入り口が狭い方が、更年期の膣萎縮の影響で、膣全体が狭くなるおそれもあります。

その場合、全体が痛むため膣の奥にも痛みを感じるかもしれません。

ラテックスアレルギー(天然ゴム製品アレルギー)がある方は、コンドームの素材に使われている天然ゴムに反応し性交痛になる場合があります。

また、動脈硬化による愛液の分泌量の減少で膣内の潤いが不足し、性交痛を引き起こすこともあります。

50代で深部性交痛があるときの3つの対処方法

50代で深部性交痛があるときの対処法を3つ紹介します。すぐに始められる対処法もあるため、まずはできそうなことから実践してみましょう。

パートナーの理解・協力を得る

まずは、パートナーの理解・協力を得ることが大切です。パートナーに事情を話すことは、恥ずかしさや相手を傷つけるのではないかといった不安もあることでしょう。

しかし、パートナーの協力を得ることで解消できる問題も少なくありません。性交のときだけでなく、日頃のコミュニケーションを大切にし、相談しやすい関係を築くことも大切です。

性交時には、お互いにリラックスできる雰囲気を作りましょう。前戯を十分に行い、無理のない体位にしてもらうなど工夫することで痛みがなくなる場合があります。

潤滑ゼリー・デリケートゾーン専用保湿ジェルを使う

潤滑ゼリーの使用やデリケートゾーン専用保湿ジェルでのお手入れで、効果を実感できる場合があります。潤滑ゼリーは、手軽に膣内に潤いを持たせることができるアイテムです。

潤滑ゼリーと似たような製品のローションは全身用であるため、膣専用のリューブゼリーなどを使うと良いでしょう。

リューブゼリーについて

潤滑ゼリーを使うときにもパートナーの理解を得ることが大切です。

日常のケアとしては、デリケートゾーン専用保湿ジェルを試してみるのも良いでしょう。毎日ケアすることで、乾燥したデリケートゾーンに潤いを取り戻せる場合があります。

セルフケアについて

レーザー治療する

クリニックのレーザー治療は、性交痛に効果的です。特にインティマレーザーは、膣の細胞を活性化させ潤いを与える効果があります。

専門医が十分に診察したうえで適切に治療するため、高い効果が期待できるでしょう。レーザー治療は、メスを使わない治療であるため身体への負担が少なく安心です。

少しでも不安があればクリニックで診察を

50代は、更年期による女性ホルモンの減少など身体にさまざまな変化が起こり、性交痛の原因にもなっています。

性交痛は、パートナーの理解・協力を得ることや潤滑ゼリーなどアイテムの活用で解消できる場合もあるでしょう。しかし、性交痛で奥が痛い場合には婦人科系の疾患にかかっていることがあります。

当医院では、レーザー治療など効果の高い治療も可能です。当院ではインティマレーザーを日本で初めて導入し、全国のクリニックに普及を行っている院長が対応いたします。性交痛が原因でパートナーと不仲にならないためにも、少しでも不安がある場合はぜひ当医院へご相談ください。

奥の痛みについて更に詳しく

関連記事

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

閉経後の身体の変化や性交痛の原因と対処法について解説しています。閉経後はエストロゲンという女性ホルモ...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事...

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法...

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。...

人気の記事

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざ...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

新着記事

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?症状や対処法も解説

閉経後の身体の変化や性交痛の原因と対処法について解説しています。閉経後はエストロゲンという女性ホルモ...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事...

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法...

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。