50代女性の性交痛と出血の原因は?
更年期の性交痛治療を紹介

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

出血を伴う性交痛は、更年期をむかえた多くの女性が直面する問題です。

「10年ぶりの性交渉で痛みと出血がひどかった」
「セカンドバージンだから、セックス中に出血しないか心配」

このような不安や悩みを抱えてご相談に来られる女性は少なくありません。
性交痛の症状は、身近な人に相談しにくい話題でもあり、年齢や体質によって様々な対応が必要なので、自分に合った治療方法を見つけることが大切です。

久しぶりのセックスで辛い経験をしたことで「50代になってしまったからしょうがない」と諦めて放置することはおすすめできません。

後述で詳しく解説する「膣炎」や「子宮筋腫」といった疾患の可能性もあり、放置するほど症状が悪化してしまいます。何より、パートナーとの関係性が悪くなってしまうと円満な性生活が送れなくなってしまい、お互いのストレスの原因にもなってしまいます。

この記事では、50代の女性にみられる性交痛の原因と、出血の症状に対する治療方法やセルフケアをご紹介します。
出血しないか不安な方や、既に性交痛の症状が出てしまった方も、是非ご参考にしてください。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●出血を伴う性交痛の原因3つ


● 性交痛を病院で治療する方法2つ


●性交痛と出血を防ぐセルフケア・習慣4つ

出血を伴う性交痛の原因3つ

出血を伴う性交痛の主な原因は女性ホルモンの一種であるエストロゲンの低下です。
エストロゲンは、膣の健康を維持する重要な役割を担っています。エストロゲンには膣の潤滑油とも言える機能があり、粘膜を増殖させて潤いを保つ働きがあります。

人によって時期の個人差はありますが、40代後半から訪れる閉経時期を経て更年期に入るとエストロゲンの分泌が減っていきます。その結果、様々な性交痛をもたらしますが、その原因を3つご紹介します。

ドライバジャイナ(腟の乾き)

ドライバジャイナとは、4つあるドライ症候群(ドライシンドローム)の中の1つです。

更年期になると身体の4つの部位が乾燥しやすくなると言われており、ドライアイ(目の乾き)、ドライマウス(口の乾き)、ドライスキン(お肌)、そしてドライバジャイナ(腟の乾き)があります。ヴァジャイナ(vagina)とは英語で「女性器」という意味です。

更年期を迎えていなくても、不規則な生活リズムやストレス、無理なダイエットなどによってホルモンバランスが崩れてしまうことがあるので、若者にもドライバジャイナが見られることがあります。潤いが不足して膣とその周辺が乾いてしまうと、痛みや痒みを引き起こしてしまうだけでなく、雑菌等が侵入しやすくなって膣炎などの症状を引き起こしてしまうケースもあります。

萎縮性腟炎

萎縮性膣炎とは、膣壁が乾くことでかゆみを感じたり、ただれたりしてしまう症状です。

性交痛だけでなく、膀胱炎になりやすくなったり、黄色いおりものが出てしまう症状もあります。膣壁からの粘液分泌量が減って膣が萎縮してしまうと、わずかな刺激でも簡単に出血しやすい状態になってしまいます。膣の乾燥感や、圧迫感、違和感、頻尿、性交痛などを感じた場合は萎縮性腟炎の恐れがあるので、早めの相談と治療が必要です。

女性ホルモンの不足が原因の場合は、エストリオール(女性ホルモン)という膣剤を用いて、女性ホルモンの補充を行うことが一般的な治療です。

子宮筋腫

子宮筋腫とは、30歳以上の女性の2〜3割にみられる良性腫瘍(ガンではない腫瘍)です。

貧血や痛みなど様々な症状の原因となります。同時に複数個できることが多く、大きさやできる場所は様々です。子宮の内側(粘膜下筋腫)、子宮の筋肉の中(筋層内筋腫)、子宮の外側(漿膜下筋腫)に分けられます。それぞれの特徴を以下の表にまとめました。

種類 粘膜下筋腫 漿膜(しょうまく)下筋腫 筋層内筋腫
腫瘍の場所 子宮の内側 子宮の外側 子宮の筋肉の中
特徴 月経時の大出血、貧血、不妊症など 小さい時は無症状、大きくなると痛みや頻尿・便秘など 小さい時は無症状、大きくなると経血量の増加・月経痛・不妊症など

子宮筋腫の治療は主に「薬物療法」と「手術療法」があります。薬物療法で根本的に治ることはありませんが、出血や疼痛などの症状を軽くしたり、子宮筋腫が半分近くまで小さくすることができます。手術療法には、筋腫だけを摘出する「筋腫核出手術」と、子宮をすべて摘出する「子宮全摘出手術」があります。

性交痛を病院で治療する方法2つ

医療機関で出血を伴う性交痛を治療する場合、膣剤で治療する「ホルモン補充療法」と、レーザー機器を使用して根本的な治療をする「レーザー治療」の2種類があります。

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法(HRT)には、エストラジオール(E2)とエストリオール(E3)の2種類がありますが、保険診療の範囲内で使用できるエストロゲンの腟錠はエストリオールです。

症状がある時に1日1回腟内に自己挿入をし、人差し指の第2関節まで入れます。
ただし、エストロゲンの欠乏状態は補充すること以外に根本から改善させることが難しいため、性交痛の改善が目的の場合は長期間の治療が必要な場合もあります。

レーザー治療

膣のうるおい不足が原因で出血を伴った性交痛が生じている場合には、レーザー治療がオススメです。
「インティマレーザー」というレーザー機器を使って手術を伴わない治療が可能です。

インティマレーザーはVタイトニング治療という膣のゆるみを引き締めるたり、尿漏れ治療のレーザーとして広く知られていますが、同じインティマレーザーの「レノバレイズ」という性交痛モードで膣内にレーザー照射をすることで性交痛の緩和をさせることができます。

レーザー治療に関して詳しくはこちらの記事をご覧ください。

インティマレーザーについて詳しくみてみる

性交痛と出血を防ぐセルフケア・習慣4つ

更年期における性交痛は辛い上に相談しにくい話題でもありますが、諦める必要はありません。

改善するための一番の近道は医療機関へ相談することが前提ですが、病院での治療の他にもセルフケアも重要です。そこで、性交痛を防ぐセルフケアを4つご紹介します。

ダイレーターを使ったセルフトレーニング

ダイレーターは腟萎縮や腟けいれん(ワギニスムス)などの症状を改善をする為のアイテムです。

セルフトレーニングのメリットは、自宅でリラックスしながら自分のペースでトレーニングできることです。ただし注意しなければいけないことは、もし膣や外陰部に炎症が出ている状態でトレーニングをしてしまうと炎症が悪化してしまう恐れがあることです。炎症がまだ出ていなくても、特に更年期の方は潤いを気にしなければ出血してしまう恐れもあります。

セルフトレーニングを行う前に、トレーニングをするべきか専門家へ相談することを強くおすすめします。

パートナーと定期的に対話する

痛みの出る体位・行為がある場合には、パートナーと話し合うのも重要です。

例えば、前戯の時間が短いと感じている場合は、「まだ濡れてないから待って」などの相談をすることが大切です。
前戯は膣を濡らすために必要な時間なので、その時間をもっと長くしてみましょう。

彼に心配をかけたくないからと、我慢をしてしまうと症状が更に悪化してしまう恐れがあります。前戯の長さに限らず、性交痛の悩みを抱えていることを打ち明けることで、過度なストレスを解消することもできます。

ゼリーやローションで潤いを補う

リューブゼリーとは、日本で初めて開発された水溶性の女性器専用潤滑ゼリーです。
リューブゼリーを使用することで、挿入時の摩擦を減らし痛みを軽減します。

よく勘違いされやすいのが、ローションと同じものだと思われていることです。セックスで使えると思われているローションは全身用でぬめりが強く、膣に入ると中々出てこない特徴があります。メーカーによっては防腐剤も入っているので膣内に入れることは好ましくありません。一方でリューブゼリーは、挿入前に適度なぬめりがあるにも関わらず、挿入後は自然なサラサラな潤いに変化する特徴があります。

リューブゼリーについて詳しくみてみる

生活習慣を整える

バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠など、基本的な生活習慣を見直すことも効果的です。
膣を乾燥させてしまう原因とされている生活習慣の例は以下の通りです。

・無理なダイエットをしている
・アルコール摂取や喫煙が日常化している
・睡眠が不規則になっている
・運動する週間がない
・陰部を激しく洗浄する習慣がある

これらの行為はホルモンバランスを崩し、女性器の状態に悪影響を及ぼしてしまいます。
心当たりがある方は、当てはまった行為の頻度を減らして生活習慣を整えましょう。

50代の性交痛は早めの診断がおすすめ

50代以降の更年期における性交痛は、出血を伴うこともある辛い悩みです。

セルフケアできることもありますが、個人の症状や健康状態を専門家に診てもらうことが一番の改善策です。
自己治療や放置は症状の悪化にも繋がるので、お早めに当院へご相談下さい。

まわりに相談しにくいと悩んでいる方でも、当院は女性専門のクリニックとして、50代の患者様のお悩みを解決してきた実績があるので安心して来院してください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因はエストロゲン不足。本記事では、萎縮性膣炎になる4つの原因とともに、症状や具体的な対処法を解説します。

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

50代の性交痛「痛くて入らない」原因と治療方法を解説

本記事では、挿入時に痛くて入らない症状を中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説します。

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

【閉経後のセックスでもコンドームは必要!】50代女性のセックスに関する疑問を解消します。今回は閉経後にゴム無しで妊娠するのか?という疑問にお答え。ゴムをつけるべき理由を解説します。

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法をお伝えします。パートナーとの関係性にも関わる大事な問題。放置せず、適切に対処していきましょう。

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法について詳しく解説します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。