【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?
原因や対処法をくわしく解説

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

更年期に入ると、女性ホルモン(エストロゲン)の量が減少します。この変化は、腟の粘膜を乾燥させ、萎縮させることで性交痛を引き起こす可能性があります。今回は性交痛の原因となる病気や、女性ホルモン減少に伴う50代の性交痛への対処法について解説していきます。

 

50代の女性が感じる性交痛には女性ホルモンが影響している?

女性ホルモンの減少を説明するグラフ

更年期には女性ホルモンであるエストロゲンが減少し、潤滑液を生成する細胞が減少します。

そのため分泌液が減少することによって、外陰部や腟が乾燥・萎縮して、痛みを覚えたり、ヒリヒリしたりするなどの性交痛が引き起こされます。

他にも性交痛の原因として、処女膜強靭症、もともと膣が狭いなどがありますが、50代の女性が経験する性交痛の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減少であることが多いです。

更年期における性交痛の原因となる病気とは

女性の更年期において性交痛を引き起こす病気として、萎縮性膣炎、GSM、子宮体がんの3つがあります。
性交痛の問題に対処するには、まずこれらの病気について知っておく必要があります。

萎縮性腟炎

萎縮性膣炎は、女性ホルモンの一種であるエストロゲンが減少することに伴う膣の萎縮性の変化です。主に閉経後や更年期にあたる50代の方が多く発症します。

更年期に入ると、女性ホルモン(エストロゲン)の減少により腟の粘膜が薄くなり、腟が狭くなることがあります。これが萎縮性膣炎の原因となり、性交痛を引き起こすことがあります。

また乳酸菌など常在菌の減少することで膣内の自浄作用が低下し、炎症を引き起こすことがあります。 具体的な症状としては、かゆみが生じる、性交時に痛みを感じる、おりものが増える、出血するといったことが挙げられます。

GSM

GSMは閉経後性器尿路症候群の略称であり、更年期における腟の変化を指します。 閉経後外陰や腟の粘膜が弱くなり、様々な不快な症状が起きている状態を指します。

排尿症状:頻尿や尿モレなどの尿路の問題が現れます。

腟症状:粘膜の乾燥感や細菌性の腟炎などが症状として現れます。

性機能症状:性交痛や性交後出血などが含まれます。

GSMはエストロゲンのホルモンレベルの低下によるものであり、更年期にさしかかる50代以降の方に限らず、40代の方においても自覚することがあります。

子宮体がん

子宮体がんは、子宮の内膜部分に発生するがんであり、女性に特有の疾患です。

子宮体がんは比較的自覚症状が現れやすいとされており、性器からの出血、排尿時の痛み、性交時の痛み、下腹部の痛みといった症状が引き起こされます。 特に更年期にさしかかる50代では子宮体がんのリスクが増加します。

特に閉経近くの月経不順になった際は、出血の原因が月経か子宮体がんによるものか判断するのが難しいため、クリニックにて受診されることをおすすめします。

【更年期】つらい性交痛の6つの対処法について詳しく解説

50代の更年期におけるつらい性交痛に対処する方法はいくつかあります。

患者様の状態によりそれぞれ行うべき治療も異なるため、自分で調べるだけではなく、クリニックに受診して医師のアドバイスを受けて、適切に対処しましょう。

炎症などの症状に対する治療

性交痛にはさまざまな原因がありますが、炎症が関与している場合、適切な治療が必要です。医師の指示に従い、適切な薬物療法を受けましょう。

一般的に炎症の原因が感染症である場合、抗生物質を処方されることがあります。抗生物質は感染を鎮め、炎症を軽減する役割を果たしてくれます。

また子宮や卵巣の病気、嚢胞、腫瘍などが性交痛の原因である場合、婦人科での治療が必要になってきます。薬物療法や手術療法によって症状を抑え、痛みを軽減することができます。

インティマレーザー

インティマレーザーは腟の粘膜を再建するための治療法です。レーザーを用いて腟の組織を刺激し、膣の弾力を向上させ性交痛を軽減します。

レーザーを当てることによる刺激で50代以降のホルモン(エストロゲン)減少に伴う膣の乾燥を防ぎ、潤いをもたらしてくれます。 挿入した際のヒリヒリ感や痛みを軽減してくれるだけではなく、膣のゆるみの対処法としても用いられています。

レーザー照射にかかる時間はわずか15~20分程度であり、メスは使用しません。身体への負担が少ない治療法であり、治療時の傷跡が気になる方におすすめです。 また技術が必要な施術であり、レーザーを当てる部分により効果が大きく変わってきます。 当院は日本で初めてインティマレーザーを導入したパイオニアです。

インティマレーザー指導医として多くのクリニックを指導してきた院長がカウンセリングから施術を行いますのでご安心ください。

女性ホルモン補充療法(HRT)

更年期にさしかかる50代では女性ホルモン(エストロゲン)の補充は有効です。 女性ホルモン補充療法(HRT)には主に内服薬と経皮薬の2つの方法があります。

内服薬(のみ薬):腸管から吸収され、肝臓を通過した後に効果を発揮します。毎日服用するタイプのお薬です。

経皮薬(貼り薬、塗り薬):成分が皮膚から直接血管に吸収されることで効果を発揮します。

1週間に2回貼り替えるタイプと2日に1回貼り替えるタイプがあります。 なおホルモン補充療法を受けるためには乳房と子宮の検査を行い、担当の医師の診断に従って検討する必要があります。

潤滑ゼリーの利用

性交時に潤滑ゼリーを使用することで、腟の乾燥を防ぎ、性交痛を軽減することができます。デリケートゾーン専用のためローションとは異なり、水溶性で膣内に残りにくいのが特徴です。

潤滑ゼリーには「ウォーターベース」、「シリコンベース」と、「ハイブリッドベース」の3種類があります。

ウォーターベースは、ベトつきが少なく、潤いやヒリヒリ対策として用いられています。
シリコンベースは、水を含まないため持続性があり、ウォーターベースより滑りやすいのが特徴です。
ハイブリッドはウォーターベースにシリコンを組み合わせたもので、べとつかなくて持続性があります。

膣トレやマッサージなどのセルフケア

腟の筋肉を鍛えるために膣トレやマッサージを行いましょう。

膣を鍛えておくと、膣の伸縮性が増し、性交痛を緩和させることができます。 膣トレとマッサージのやり方は以下の通りです。

・膣トレのやり方(ケーゲル体操)

・両足を揃えて立って、手をお腹とお尻に添えて姿勢を正す
・息を吐きつつ、膣・尿道・肛門を10秒間締める
・息を吸いつつ、10秒間緩める
・ゆっくり緩める動作を2〜3回繰り返す

・膣マッサージのやり方

・手のひらをデリケートゾーン専用オイルで温める
・利き手の親指・人差し指・中指に塗り、ゆっくりなじませる
・デリケートゾーン全体にオイルを塗る
・大陰唇→小陰唇→膣口→会陰の順に指でなでるようにマッサージする

パートナーとのコミュニケーション

性交痛についてパートナーとオープンに話し合い、理解し合いましょう。

自分だけで解決しようとせず、パートナーに改善に向けてサポートしてもらうと問題が解決しやすくなります。 そばにパートナーがいて、自分の悩みを聞いてもらえるだけでも気分が楽になります。 場合によってはパートナーのサポートを受けることも大切です。

食事を作ってもらう、マッサージをしてもらうなど、生活面で気遣ってもらえると心と体の痛みを軽減することができます。

まとめ

50代になるとホルモンの減少による腟の粘膜の乾燥で性交痛になることがあります。

そうしたつらい性交痛は女性ホルモン補充療法やレーザー治療、膣トレのようなセルフケアなどによって対処法することが可能です。 50代のホルモン減少に伴う性交痛に関するお悩みには是非当院にご相談ください。

院長・スタッフとも女性で、患者様も女性だけです。また完全予約制で個室のプライベート空間を提供。また院長がカウンセリングから施術まで一貫して対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかどうかは、体質や症状によって異なります。ホルモン療法を開始する際は、必ず医師に相談しましょう。

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問わず起こりうる症状です。特に、更年期を迎えてか...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自分の身体や症状にあった治療をすることです。どのような治療を行うかどうかは、医師と相談のうえ慎重に決めましょう。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。