50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

「性交痛のレーザー治療は安全?」「レーザー治療の種類が多くてよくわからない」

性交痛でお悩みの方は、上記のような疑問や不安を抱えていないでしょうか。

性交痛の治療は多岐にわたりますが、メスを使わないレーザー治療も広く行われています。レーザー治療にもさまざまな種類があり、治療の際は自分の身体や症状にあったものを使用しなければ意味がありません。

本記事では、レーザーの種類や費用について詳しく解説します。性交痛のレーザー治療を検討している方は、ぜひ最後までお読みください。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●50代の性交痛の主な原因3つ


●50代の性交痛に効く薬

50代の性交痛の主な原因3つ!

50代の性交痛の主な原因は、更年期による影響やセカンドバージン、婦人科系の疾患にかかっている場合など数多くあります。ここでは、その中でも3つご紹介します。

更年期によるホルモンバランスの乱れ

50代の性交痛の主な原因は、更年期のホルモンバランスの乱れです。更年期になると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

エストロゲンが減少すると潤いが不足し膣内が乾燥します。その結果、膣萎縮を起こすことが性交痛の原因です。

セカンドバージン

過去にセックスの経験はあるものの、最後の性交渉から長い時間が経ってしまった「セカンドバージン」の場合は性交痛が起こりやすい傾向があります。

しばらく性交しないことで膣内が萎縮、乾燥傾向になってしまい、久しぶりの性交で痛みを感じる場合があります。また久しぶりの性交ということもあり、緊張や不安のストレスを感じやすいことから、膣の硬直や潤い不足を招く場合もあります。

炎症や婦人科系疾患

炎症や婦人科系疾患を患っていることで、性交痛となる場合があります。この場合は、早めにクリニックでの診察が必要です。
50代では「萎縮性膣炎」が多く見られます。萎縮性膣炎は、女性ホルモンの減少により、腟内が乾いてしまうことで起こる炎症です。膣内が乾いた状態になるとデーデルライン桿菌が減少し、膣内で雑菌が繁殖したり、傷ついたりすることで炎症を起こします。

萎縮性膣炎以外に見られるのが、「膣カンジダ」などの感染です。膣カンジダは性行為や高温多湿による局部の蒸れなどの他、自己感染することもあります。

膣カンジダの原因となるカンジダ菌は、もともと膣内の常在菌です。普段は、他の常在菌とのバランスが取れています。
しかし、ストレスや疲れなどによる免疫力の低下やホルモンバランスの乱れから、カンジダ菌が異常増殖することがあります。その結果、膣カンジダを発症する場合があります。

婦人科系疾患で50代に多いのが卵巣腫瘍で、卵巣にこぶのような腫瘍ができる疾患です。
卵生腫瘍のうち10%程度は悪性腫瘍である卵巣がんです。卵巣がんは、40代頃から増え始め、50〜60代が最も多く発症します。

特に高齢になる程、死亡率が高まるため早めの治療が必要です。他に子宮筋腫がありますが、良性であることが多く閉経と共に減少していきます。

50代の性交痛に効く薬

50代の性交痛に効く薬には膣剤があります。他に市販の保湿クリームやサプリメントが有効な場合があります。

エストリオール

エストリオールは、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充することでホルモンバランスを整える膣剤です。
女性ホルモンの減少に効果があり、萎縮性膣炎など膣の炎症を抑える効果もあります。エストリオールは、医師に処方してもらう保険適用の薬です。
使用方法は、1日1回、寝る前に0.5〜1gほどの錠剤を膣に挿入します。膣剤は、膣に挿入する錠剤であるため飲用はできません。

エストリオールの副作用はほとんどありませんが、乳房緊満感や乳房痛、発疹などの例が報告されています。長期で使用する場合には定期的に診察が必要です。

保管は、直射日光や高温・多湿を避けます。

イソコナゾール硝酸塩

イソコナゾール硝酸塩は、膣カンジダによる炎症を抑える薬です。市販もされていますが使用して良いのは、これまでに膣カンジダの診断・治療を受けたことがある方です。

そのため最初は、炎症が膣カンジダであるのか医師に診察してもらう必要があります。また、以前に膣カンジダと診断されたことがあっても、今回起きた症状が膣カンジダなのかよくわからない場合は、再度医師に相談しましょう。

イソコナゾール硝酸塩は、塗り薬および膣剤の2種類です。使い方は、塗り薬の場合は1日2〜3回清潔な手指で患部に塗布します。
膣剤の場合は1日1回、1錠を膣に挿入し、6日間継続した投与が必要です。膣剤であるため飲用はできません。

イソコナゾール硝酸塩の副作用は、膣の疼痛・腫脹感・発赤・刺激感・かゆみ・熱感などが報告されています。このような症状が出た場合は医師に相談しましょう。

デリケートゾーン専用保湿ジェル

デリケートゾーン専用保湿ジェルでケアすることでデリケートゾーンに潤いが得られ、性交痛をやわらげることができます。デリケートゾーン専用保湿ジェルは、性交時に使用する潤滑ジェルと違い、毎日のお手入れでデリケートゾーンを保湿するための製品です。

保湿ジェルの基本成分は精製水の他、ソルビン酸Kやクエン酸、フェノキシエタノールなどで、これらは食品や医薬品で使われる成分です。
他に、製品ごとにアロベラエキスや各種の種子エキス、乳酸桿菌/乳酸酵液などの成分を独自にプラスしています。天然の成分が配合され、膣内のpH値に合わせて作られている製品が多いです。

基本的にエストロゲンなどのホルモン成分は入っていません。
使用方法は、適量を清潔な手指にとり患部に塗布します。最適な使用量は製品ごとに違うため、取扱説明書などでそれぞれ確認してください。

保湿ジェルの相場は1,000〜5,000円程度で、医療機関や通販、ドラッグストアなどで購入できます。特に副作用の報告はありませんが、使用による赤み・はれ・かゆみ・刺激などがあった場合は医師に相談した方が良いでしょう。

サプリメント

膣内環境を整えるサプリメントがあります。乳酸菌GR-1およびRC-14を配合するサプリメントです。
膣内には善玉菌である乳酸菌や悪玉菌など、さまざまな細菌が住んでいます。善玉菌が多く膣内の酸性が保たれている状態が正常な膣内環境です。

しかし、女性ホルモンの減少・ストレス・睡眠不足・デリケートゾーンの過度の洗浄などにより膣内細菌のバランスが崩れます。
この状態が膣内環境の悪化で、膣内に雑菌が繁殖しやすい状態です。膣内環境が乱れると雑菌の繁殖により膣炎を引き起こし、性交痛・かゆみ・異臭などの原因となる場合があります。

乳酸菌GR-1およびRC-14は、機能性表示食品です。服用することで膣内環境を良好にし、膣内の調子を整える作用があることが報告されています。
膣内環境が整うと膣内の酸性が保たれます。その結果、膣炎の原因の一つである雑菌の増殖が抑えられるでしょう。
雑菌が減少することで膣炎を防止・抑制し、性交痛の改善が期待できます。

乳酸菌GR-1およびRC-14を摂取できるサプリメントは、錠剤タイプです。使用法は飲用ですが、使用量は製品ごとの指示に従ってください。

サプリメント服用での副作用に関する報告は特にありませんが、以下の点に注意しましょう。


・食物アレルギーがある場合は注意する。
・体調・体質により、まれに合わない場合がある。

サプリメントは、メーカー公式サイトまたは、楽天やAmazonなどの通販サイトで購入できます。価格の目安は、1ヶ月分で4,000〜5,000円程度です。

50代の性交痛で薬以外の対処法

50代の性交痛で薬以外の対処法としては、パートナーの協力を得ることや潤滑ゼリーの使用、クリニックでの施術などがあります。

パートナーの協力を得る

性交痛がある場合、まずはパートナーに話し協力を得ることが大切です。例えば、前戯を長くすることや体位の工夫、強の加減などで性交痛がやわらぐことがあります。

また、性交時の不安や緊張による愛液の潤滑不足や、膣の硬直が起きてしまい性交痛となることもあります。そのため、性交前は十分に会話するなどリラックスした環境で性交することが大切です。

性交時に潤滑ゼリーを使う

性交時に潤滑ゼリーを使うのも有効な手段の一つです。膣萎縮や、もともと膣が狭い場合などの根本的解決にはなりませんが、すぐに使えるなど手軽であることはメリットといえるでしょう。

潤滑ゼリーについてはこちらの記事で詳しく解説していますぜひご覧ください。

リューブゼリーについて

クリニックで治療を受ける

クリニックで診察を受ければ専門医が一人ひとりの症状に合わせ、医学的な観点から適切にアドバイスしてもらえます。また、クリニックのレーザー治療では、なかなか治りにくい症状に対しても高い効果が期待できます。

レーザー治療はメスを使わないため、傷跡も残らず体への負担を抑えられる治療方法です。また、膣内環境が整えられるので、臭いやおりものなど、さまざまな症状を改善可能です。

一回の治療時間は、15〜20分程度で治療した日から通常の生活ができます。

性交痛に薬の治療が向いている方

エストリオールは、萎縮性膣炎など主に更年期の性交痛の方向けです。保湿ジェルやサプリメントは、性交痛が比較的軽微で、何度も通院する時間がない方に向いているでしょう。

膣カンジダを過去に診断されたことがある方で、今回も症状が同じである場合には、イソコナゾール硝酸塩が有効と考えられます。

心配な場合は早めにクリニックで診察を

サプリや保湿ジェルなどは、手軽に試せることがメリットです。しかし、性交痛の原因が処女膜強靭症や卵巣腫瘍などの場合においては、適切な対処法とはなりません。

このような婦人科系の疾患にかかっている場合は、自己判断だけでは正しい対処が難しいでしょう。性交後も痛みが続く場合や激しい痛み、不安や心配がある場合は、早めにクリニックで診察を受けましょう。

まとめ

性交痛に効く薬は、萎縮性膣炎にはエストリオール、膣カンジダにはイソコナゾール硝酸塩が有効です。疾患を伴わない軽微な性交痛には、各種保湿ジェルやサプリを試してみるのも良いでしょう。
50代は、精神的にも身体的にもさまざまな変化が出やすく、デリケートゾーンも日常のケアが大切です。

当医院では、即効性のあるレーザー治療や膣内ヒアルロン酸注射による、効果の高い治療が可能です。
多くのライセンスを持ち、海外で経験を積んできた院長自ら診察から施術まで、一貫してサポートします。
プライバシーに配慮した完全個室で、スタッフ含め女性限定である当院での診察も検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事でも性交痛の対策について詳しく紹介してます。ぜひ参考にしてください。

セルフケアについて

関連記事

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

人気の記事

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざ...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法...

新着記事

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。