更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説


更年期の膣の乾燥や不快感の原因は?正しいケアと治療方法を解説

 

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2020.05.28 更新日: 2023.05.22

略歴

国立佐賀医科大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。
レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。
東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。


資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

女性が抱えるデリケートゾーンの悩みは、年齢に関係なく多くの方が感じているものです。
ただし、更年期を迎えると膣の状態に変化が見られ、若年層とは違う原因で様々な症状が現れます。膣に乾燥感を感じる悩みも、そのうちの一つです。

「膣の乾燥感やかゆみが気になる」
「以前より膣が濡れにくくなった」
といったお悩みはありませんか?

この記事では、
更年期における膣の乾燥や不快感の原因を詳しく解説し、
日常生活で取り入れられるケア方法やクリニックで受けられる治療法について解説します。

50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

● 更年期の膣が乾燥する理由


● 萎縮性腟炎とは


● 膣の乾燥の治療

膣は何故乾燥する?

デリケートゾーンが乾燥する原因は様々です。
代表的な原因は「エストロゲン(女性ホルモン)の減少」と言われていますが、それだけとは限りません。
それは、エストロゲンが減少していなくても、ホルモンバランスが乱れると膣の乾燥を引き起こすことがあるからです。

例えば、出産や不規則な生活習慣、運動不足、職場のストレスなど、ホルモンバランスが乱れる原因はたくさんあります。
更に、デリケートゾーンの脱毛によるダメージや、入浴時の過剰な洗浄など外的要因の可能性もあります。

膣が濡れるメカニズム

  • 1性的な興奮が高まる
  • 2ホルモンが働いて下半身に血液が流れ込む
  • 3膣壁周辺の毛細血管が拡張する
  • 4血管壁が押し開かれて、すきまから潤滑液が押し出される

膣が濡れるのは「汗をかく」のと同じように、無意識に現れる体の自然な反応です。人より汗っかきの人もいれば、乾燥肌の人がいるように、膣の潤いにも個人差があることを前提として理解しましょう

膣が濡れる行程としてはまず、性的な興奮が脳に伝わるとオキシトシンというホルモンが血流を増加させます。この血流の増加により膣壁の血管が拡張することで、膣の壁にある潤滑液が押し出されるように滲み出てきます。

この潤滑液は、透明で少し粘り気があり、膣の滑りを良くして性交時の摩擦を減らします。
膣内のバランスを保ち、感染を防ぐ役割も果たしますので、健康な膣環境の維持に重要です。

更年期女性の膣が乾燥する原因

乾燥の原因

更年期における膣の乾燥は、主にエストロゲン(女性ホルモン)の減少が原因です。

エストロゲンは膣の潤いと弾力を維持するホルモンですが、更年期になるとその分泌が大幅に減少します。この結果乾燥しやすくなり、膣の粘膜が薄くなってしまいます。

エストロゲンが減少すると膣だけでなく、お肌や目、口など身体全体に乾燥をもたらす可能性があります。特にデリケートゾーンが乾燥することを「ドライバジャイナ」と呼びます。

ただし、エストロゲンが減少していなくても、前述したように更年期に限らず全年齢層において膣が乾燥する可能性は十分にあります。決して加齢だけが原因ではないことを理解しましょう。

女性ホルモンの減少を説明するグラフ

膣の乾燥が引き起こす症状

更年期における膣の乾燥はさまざまな不快な症状を引き起こします。

まず、膣の潤いが不足すると、かゆみやヒリヒリとして灼熱感を感じることが多くなります。これに加えて、性交時の痛みや不快感が増し、性生活に悪影響を及ぼすことがあります。乾燥している膣に摩擦を与えすぎると出血に繋がるケースもあります。

膣が乾燥してしまうと感染症にかかりやすくなるリスクも高まります。尿道の近くに位置するため、尿路感染症の頻度も増加する可能性があります。これらの症状は、日常生活の質を低下させるだけでなく、精神的なストレスも引き起こすことがあります。

萎縮性腟炎とは?

萎縮性腟炎とは

先述したように、膣の潤い不足が続くと、かゆみや痛みを伴うことがあります。

乾燥した状態を放置すると、膣の炎症や感染が発生しやすくなり、「萎縮性腟炎」と呼ばれる状態に進行することがあります。
萎縮性腟炎が発症すると、かゆみや痛み以上の症状が現れてしまいます。

萎縮性腟炎の症状

萎縮性腟炎が発症すると、持続的な膣の乾燥感、深刻な性交痛、そして膣から出血が生じます。

また、異常なおりものや不快な臭いが生じることもあります。

萎縮性腟炎は膣だけでなく膣の周囲これらの症状は、日常生活の質を大きく損ねてしまいます。この状態は適切な治療を行うことで改善されるため、早期の診断と医師の相談が重要です。

萎縮性腟炎の原因

更年期の女性が萎縮性腟炎を発症する原因は、エストロゲン(女性ホルモン)の減少による膣の乾燥です。

この乾燥によって2パターンの雑菌の侵入を許してしまいます。

1つ目は、病原菌を防ぐ役割を持った分泌液や乳酸菌が減ってしまい、雑菌の侵入を許してしまうことです。

2つ目は、乾燥によって萎縮した膣は損傷しやすい状態になってしまい、少しの刺激で膣粘膜が傷つき、傷口から雑菌が入り込んでしまうケースです。

萎縮性腟炎かも?当てはまってるかチェック

以下にあてはまる方は早めの受診をおすすめします。

膣の乾燥を治療する方法3つ

治療方法

膣の乾燥とそれに伴う症状は適切な治療法によって管理および改善することが可能です。

レーザー治療(インティマレーザー)

インティマレーザーの画像

膣のレーザー治療は、膣壁のコラーゲンとエラスチンの再生を促進し、膣の厚みと弾力を復元します。

女性器に使用する機器は様々ありますが、膣内に潤いを与えたい場合は「インティマレーザー/レノバレイズ」をおすすめしています。

メスを使った手術ではないので、体への負担を少なくすることが可能です。
レーザーを膣内に照射することで、膣の細胞を活性化して弾力性を向上させます。

インティマレーザーついて詳しくみてみる

ホルモン充填療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)とは、更年期や閉経後にエストロゲンが不足している女性に対して、女性ホルモンを補充する治療法です。これにより、デリケートゾーンの乾燥だけでなく、更年期障害の症状(ホットフラッシュ、発汗、ほてり)などの緩和との予防に効果があります。

ただし、HRTには副作用やリスク(乳がんや血栓症のリスクの上昇)が伴うと言われているため、医師と相談しながら施術することが重要です。

セルフケア

リューブゼリー

膣の健康を維持するためには、日々のセルフケアが重要です。デリケートゾーン専用の保湿剤や潤滑剤が市販されていますので、お手軽にケアすることができます。

膣の乾燥を防ぎ、不快感を軽減するのに効果的です。定期的な使用は、膣の健康を保ち、日常生活の快適さを向上させることができます。

セルフケアについて
リューブゼリーについて

まとめ

まとめ

更年期になるとデリケートゾーンの悩みが増える女性は多いです。
「もう歳だからしょうがない」と諦める方もいますが、デリケートゾーンの乾燥は治療できます。

乾燥からくる性交痛は、せっかく久しぶりにできたパートナーとの仲を深める弊害となってしまいます。

当院の院長は、女性器形成のパイオニアとして豊富な知識をもって様々な悩みにアプローチして、更年期の女性のお悩みを数多く解決してきた実績があります。

当院では、この女性の院長が完全予約制の個室で、全ての患者様にカウンセリングからアフターケアまで対応します。安心して診察できるため、膣の乾燥にお悩みの方はお気軽にご相談下さい。

関連記事

デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説

デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説

本記事では、更年期における膣のにおいの原因とその治療方法について詳しく紹介します。...

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

当記事では、50代の性交痛に効く薬を紹介しています。50代性交痛の原因や薬以外の対処法も紹介してます...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

人気の記事

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

50代女性の性交痛における、対策や施術、セルフケアを紹介

性交痛は、女性ホルモンの分泌の減少や心因的な要因など、考えられる原因さまざまです。性交痛は、世代を問...

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

【50代女性】性交痛の原因5選と予防方法を解説

性交痛は、どの世代にも起こりうる辛い症状です。性交痛の原因は人によって異なり、考えられる原因もさまざ...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因...

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

50代の性交痛はよくあること?入口の痛みの原因や対処法を徹底解説!

本記事では、特に入口に痛みを感じる50代の性交痛の原因や対処法を解説しています。...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と擦れる原因を解説。更年期の性交痛治療を紹介

本記事では、50代女性に見られる膣の擦れによる痛みを中心に、性交痛の原因と治療方法について詳しく解説...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

新着記事

デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説

デリケートゾーンの臭いの原因は?更年期の影響や治療方法を解説

本記事では、更年期における膣のにおいの原因とその治療方法について詳しく紹介します。...

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

50代の性交痛は薬で治る?膣錠や手軽に使える市販薬をあわせて紹介

当記事では、50代の性交痛に効く薬を紹介しています。50代性交痛の原因や薬以外の対処法も紹介してます...

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

潤い不足の性交痛には潤滑ゼリーが効果的!リューブゼリーを詳しく解説

当記事ではリューブゼリーの解説に加えいくつかのセルフケアも紹介しています。 ...

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

50代で性交痛を改善するトレーニング方法を紹介!セルフケアで対策!

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

50代の性交痛|セルフケアの方法と改善策

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

50代の性交痛|ホルモン治療の種類と効果

更年期を迎えた50代の性交痛には、ホルモン補充療法も効果的です。ただし、ホルモン療法が適しているかど...

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代の性交痛|レーザー治療の種類と費用

50代を迎え性交痛に悩まされている方へ、レーザー治療の種類と費用について解説します。大切なことは、自...

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

【50代の性交痛】女性ホルモンが影響?原因や対処法をくわしく解説

性交痛の原因はさまざまですが、改善できる対策を紹介します。専門医の治療法も解説しています。性交痛の原...

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。