50代久しぶりのセックス
濡れない時の理由から対処方法までを解説

監修医師

満行 みどり

公開日: 2020.05.28 更新日: 2023.05.22

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。
レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。
東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。


資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

「久しぶりにセックスしたら濡れなかった」
「閉経したからもう濡れないのか」

久しぶりにセックスしたものの、このような問題でお困りな方もいるのではないでしょうか。
この記事では、50代の女性に向けて、閉経後濡れにくい原因と対処法を解説します。

この記事を読むことで、50代でもセックスを楽しめるようになるため、濡れなくてお悩みの方はぜひご覧ください。

そもそも濡れるってどういうこと?

濡れるとは、性的な刺激などに対する反応の一つです。性的な興奮が高まることで、膣壁周辺にある毛細血管が拡張します。
拡張した毛細血管が血管壁を押し開くことで、潤滑液が分泌されます。加齢によって潤滑液の分泌は減少する傾向です。

また、潤滑液の分泌量や濡れるまでの時間には個人差があります。 ペニスの挿入がスムーズに行えるのは、潤滑液が分泌されるためです。
潤滑が十分でないとさまざまな弊害があります。

濡れない理由とは

久しぶりのセックスで濡れない理由は以下の通りです。

・GSM(ジーエスエム)が原因
・緊張や抵抗感など精神的な原因
・血行不良などの体質

GSM(ジーエスエム)が原因

理由の一つはGSMが原因の場合があります。GSMとは、閉経前後の女性ホルモン低下などによる外陰部や尿路、膣内などの萎縮変化のことです。
萎縮性膣炎が、GSMの考え方の元になっています。
GSMは、大きく3つの症状があり以下の通りです。

種類 症状
性器に起きる症状 不正出血、かゆみ、乾燥感、痛み、灼熱感、におい、ゆるみ
性交における症状 潤滑液の減少、感じにくい、性交痛や性交時の出血
尿路の症状 頻尿、排尿障害、尿失禁、膀胱炎

GSMが、膣の乾燥や潤滑液の分泌減少など濡れない原因を引き起こします。
GSMは、閉経後女性の約半数に発症するといわれ、表のように症状はさまざまです。

緊張や抵抗感など精神的な原因

精神的な原因で、濡れない場合の例は以下の通りです。

・久しぶりのセックスによる不安
・緊張 セックスに対する嫌悪感
・抵抗感 加齢による自分の体型への恥ずかしさ
・前戯が不十分、興奮が足りていない

潤滑液の分泌は、性的興奮やストレスなどに大きく影響されます。
あるいは過去のセックスにおける失敗など、セックスに対する嫌悪感なども濡れないひとつの原因です。

また、加齢により変化した体型を見られたくないなども、精神的な理由として挙げられます。

血行不良などの体質

血行不良など、体質が原因で濡れにくい場合があります。

冷え性などの血行不良は、性器の毛細血管が萎縮しているため、濡れにくい原因です。
あるいは、動脈硬化などを起こしていると、膣内の血管壁が開きにくいため、濡れにくくなります。

他に、水分不足や以前から飲んでいる薬の副作用も原因の一つです。 薬の成分によって濡れにくくなる場合では、医師に相談する方が良いでしょう。

また、セックスで出血しやすい場合は、子宮頸がんなど他の病気の場合があります。

濡れない時に起きる問題

濡れない時に起こる問題は以下の通りです。 痛みを感じやすい 性器が傷つく場合がある 精神的ダメージがある

痛みを感じやすい

潤滑液の分泌が十分でない場合、膣内が擦れることで痛みを伴うことがあります。
前戯においても、濡れない状態では外陰部に痛みを感じるでしょう。

痛みがあると、セックスを楽しむどころではありません。
痛みがひどく我慢できない場合には、セックスを中断せざるを得ない状況になります。

性器が傷つく場合がある

濡れていない状態で挿入することで、ペニスと膣壁が擦れます。
潤滑がない状態での摩擦により、膣内が傷ついてしまう場合や、炎症を起こすことがあります。

女性器はとてもデリケートなため、濡れていない状態でのセックスは危険です。
前戯でも、濡れないまま続けていると外陰部に炎症を起こしかねません。

精神的ダメージがある

なかなか濡れないと、どうしても焦りが出てきます。
こうなるとさらに濡れにくくなり、無理に挿入しても痛みが伴うため悪循環です。

セックスを中断することになり、うまくいかなかったことで自分を責めてしまうかもしれません。
さらに挿入時の痛みが恐怖感として残ります。

これらの精神的ダメージは、次回のセックスに対する嫌悪感となり、求められても拒絶してしまうことがあるでしょう。
このような精神的なダメージを受けるとなかなか払拭できない場合があり、セックスと距離をおいてしまう原因となります。

濡れない場合の対処方法

濡れない場合の対処方法を以下の4点で解説します。

・環境を整える
・潤滑ジェルの使用
・セルフケアで感度アップ
・クリニックで治療する

環境を整える

一つ目の対策は、環境を整えることです。

濡れない原因の一つは精神的なことが挙げられます。
緊張や不安をできるだけ取り除き、リラックスした環境であることが大切です。

このため、落ち着いた部屋で照明や音楽を好みのものにするなど配慮することでリラックスできるでしょう。

また、パートナーに不安や緊張があることを伝えることで、気持ちが楽になるうえパートナーの協力も得られます。
事前に十分な会話や前戯を行えば、気分が高まり濡れやすくなるものです。
このようにパートナーとの関係を含め、環境を整えることが大切です。

潤滑ジェルの使用

どうしても濡れない場合でも、潤滑ジェルを使用することで手軽に潤いを得られ便利です。

使い方はかんたんで、適量を手にとり女性の局部に優しく塗布します。
セックスに対するプレッシャーなど、精神面での影響で濡れない時でも確実に潤いが得られるため、ひとつ用意しておくと安心です。
痛いのを我慢しながらセックスを続けていると膣内に傷がつき炎症を起こす場合があります。

このため、なかなか濡れないと感じた場合は無理をせずに早い段階で使用した方が良いでしょう。
使用量に関しては、多少の個人差があるため使いながら調整が必要です。

セルフケアで感度アップ

事前にセルフケアすることで、感度が良くなり濡れやすくなります。
セルフケアの方法の一つは、セルフマッサージです。

やり方は、清潔な手にオイルを塗り、膣に指を入れるあるいは性器を優しくマッサージします。

こうすることで血流が良くなり感度アップも期待できるでしょう。

また自分の感じやすい場所を発見できるため、愛撫してもらう際に役立ちます。
他に、水分不足も潤いが不足する原因です。水分をしっかりとることで血流が良くなり濡れやすくなります。

こちらも大切なセルフケアです。

クリニックで治療する

クリニックで診察し治療することで、短期的に高い効果を得られます。

クリニックでは、多くの症例に携わったプロによる、医学的な見解に基づいたアドバイスが受けられることがメリットです。
また症状や体質に応じ、患者の希望に合わせ適切な対処ができるため安心感があります。

当院での治療について

当院では濡れない場合の対処として以下の方法があり、希望や症状に応じた対処ができます。

・インティマレーザー
・リューブゼリー
・膣内ヒアルロン酸注射

インティマレーザー

インティマレーザー治療では、感度をアップすることはもちろん、GSM治療や膣の引き締めにも効果があり、性生活を楽しむための多くの効果が得られます。

インティマレーザーは、レーザー照射による治療です。メスでの切開をしないため、痛みや出血をほとんど伴わず、短時間で高い効果を得られます。
また、やけどなど膣粘膜を傷つけることもありません。安全に膣の奥まで広範囲にレーザー照射することで高い効果を発揮します。

インティマレーザーについて詳しくみてみる

リューブゼリー

リューブゼリーは、セックス時の痛みや不快感などを解消できます。

使い方は局部に適量を塗るだけなのでかんたんです。
主成分が精製水であり、他に含まれる成分は医薬品や化粧品で使われる成分なので安心して使えます。
約40年前に日本で初めての水溶性潤滑ゼリーとして開発されて以来、全国の医療分野で推奨されているほどの信頼性の高さです。

リューブゼリーは無色、透明であるため万が一シーツや衣服についてしまっても目立ちません。
手軽で使いやすい潤滑ゼリーです。

リューブゼリーについて詳しくみてみる

膣内ヒアルロン酸注射

感度が悪くてなかなか濡れない場合には、膣内ヒアルロン酸注射(G-shot)で感度アップも可能です。
感度が上がることで濡れやすくなることが期待できます。 G-shot治療は膣内部にある、女性の性感帯であるGスポットにヒアルロン酸を注入する方法です。

これにより、Gスポット部分が隆起することで挿入時に刺激が増し感度がアップします。

ヒアルロン酸は、もともと体内に存在する成分です。
注入後、徐々に体内に吸収されていくため、効果を持続させたい場合には、半年〜1年程度で再注入する必要があります。
リューブゼリーと併用することで、より高い効果が期待できるでしょう。

G-shot治療について詳しくみてみる

まとめ

50代における久しぶりのセックスで濡れない原因は、女性ホルモンの低下や精神的なもの、体質的なものまでさまざまです。
濡れないままセックスすると痛みを伴う場合があります。そのまま無理に続けると性器に傷や炎症ができるなどの支障があるため危険です。

また、濡れないことで、うまくできなかったことから精神的ダメージを負ってしまう場合があります。このため、早期に対策が必要です。
対策には、セルフマッサージや潤滑ジェルの使用などがあります。

あるいはクリニックで治療することで高い効果が短期的に期待できるでしょう。

当院では、ベテラン医師が最新機器を使用しそれぞれの症状・要望に応じ適切な対処が可能です。
濡れないことが原因で性生活に支障を感じている方は、ぜひ診察をご検討ください。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代で起こる性交痛の原因とは?GSMについても解説

50代以降になってから出てくる悩みの一つである更年期の性交痛。昔はなかったのになぜ?その原因と対処法をお伝えします。パートナーとの関係性にも関わる大事な問題。放置せず、適切に対処していきましょう。

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因はエストロゲン不足。本記事では、萎縮性膣炎になる4つの原因とともに、症状や具体的な対処法を解説します。

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事では、更年期の性交痛と出血の原因、治療法をご紹介します。

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法について詳しく解説します。

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

【閉経後のセックスでもコンドームは必要!】50代女性のセックスに関する疑問を解消します。今回は閉経後にゴム無しで妊娠するのか?という疑問にお答え。ゴムをつけるべき理由を解説します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。