【閉経後の悩み】50代で起こる性交痛の原因とは?
症状や対処法も解説

監修医師
監修医師

満行 みどり

公開日: 2024.03.01 更新日: 2024.03.01

略歴

国立佐賀医師大学(現佐賀大学)医学部卒業。その後九州大学第二外科、佐賀県立病院好生館にて外科、救命救急、麻酔科全般を習得。
大手美容外科にて、ボディデザイン、女性器形成手術など多くの症例を手掛ける。

レーザーによる女性器の若返り治療、膣の引き締め、外陰部形成のライセンスをアメリカのビバリーヒルズにて日本人の女医として初めて習得。東京の広尾に、日本人初となる女医による女性器形成専門クリニック、みどり美容クリニック・広尾を開院する。

資格

  • ・DLV(レーザーによる外陰部形成手術)認定医
  • ・LVR(レーザーによる膣の引き締め手術)認定医
  • ・ビビーブ認定医
  • ・ベイザー4D認定医
  • ・ベイザーハイデフ認定医
  • ・レーザー&ヘルスアカデミー婦人科講師
  • ・インティマレーザーアドバンストインストラクター(インティマレーザー指導医)
  • ・Fotona(フォトナ社)インターナショナルコンサルタント
  • ・パールフィラー認定医(パールフィラー注入セミナー講師)

所属学会

  • ・日本美容外科学会会員
  • ・日本性機能学会会員
  • ・日本抗加齢学会会員
  • ・アメリカレーザー医学会正会員

はじめに

閉経後の性行為の際、痛みを感じたことはありませんか?

痛みを感じたことで、最後まで性行為を続けることができずパートナーとの関係性も悪化するのではないかと心配する方も多いことでしょう。

実は、閉経後に膣粘膜の萎縮が起きることで、性交時に痛みが生じる場合があります。

そこで本記事では、閉経後に起こる身体の変化や性交痛への対処法を解説します。

 
50代女性によくあるセックスが痛い原因5選

この記事でわかること

●閉経すると起こる身体の変化


●閉経後の性交痛に潜む病気


● 閉経後の性交痛への対処法

閉経すると起こる身体の変化を確認

閉経すると、身体にはさまざまな変化が起こります。

・膣粘膜の萎縮
・皮膚のトラブル
・骨粗しょう症
・内臓関係のトラブル

これらは、更年期に入りエストロゲンという女性ホルモンが低下することで起こります。 それぞれ解説します。

膣粘膜の萎縮

閉経後は膣の粘膜が乾燥し萎縮することにより、炎症が起こる場合があります。

エストロゲンには、膣粘膜を潤して厚く丈夫に保つ働きがあります。

しかし、更年期に入ることでエストロゲンの分泌が減り、膣粘膜の萎縮が起こるのです。

皮膚のトラブル

コラーゲンが減少し、肌のたるみや小ジワが目立つようになってきます。

加齢とともに現れる、肌荒れ、シミ、くすみも閉経後の皮膚トラブルです。

エストロゲンは肌の弾力を保ち、また水分量を増やす働きがあるため、エストロゲンの分泌が減ると皮膚のトラブルに繋がります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは、骨の量が少なくなったり骨の強度がもろくなったりして、骨折しやすくなる状態です。

エストロゲンが骨の代謝を調節しているため、閉経後エストロゲンが減少して骨粗しょう症が起こります。

内臓関係のトラブル

閉経後には更年期により、生活習慣病にかかりやすくなります。

糖尿病や脂質異常症などの病気になってしまう可能性も上がります。

エストロゲンには血管をしなやかにすることで、内蔵脂肪の分解をしやすくするなど生活習慣病の発症を防ぐことにも寄与しています。

50代の性交痛の原因は閉経によるホルモンの影響

更年期にはエストロゲンの分泌量が低下します。

エストロゲンが減ることで、膣粘膜を潤して厚く丈夫に保つことができなくなり、膣粘膜の萎縮や乾燥が起こるのです。

膣粘膜が萎縮・乾燥すると性交時の擦れや摩擦などでひりひりとした痛みが生じます。

また乾燥がひどい場合は出血する場合もあり、注意が必要です。

閉経後、性交痛以外に見られる症状

性交痛以外では、以下の症状が見られます。

①膣内の乾き・・・エストロゲンの減少により膣内が乾燥する
②掻痒感・・・乾燥によるかゆみ
③不快な臭いや色のあるおりもの・・・エストロゲンの減少により雑菌が繁殖し、悪臭が発生

上記が閉経後に起こる症状です。この様に女性ホルモンであるエストロゲンが減少することにより、昔はなかったような症状が多く現れるようになります。

【更年期】閉経後の性交痛には病気が潜んでいる可能性も

閉経後の性交痛には、更年期によるものだけでなく病気によるものもあります。

・萎縮性膣炎
・GSM
・子宮体がん

以下それぞれ解説していきます。

萎縮性膣炎

萎縮性膣炎とは、閉経後にエストロゲンが低下することで膣内が乾いてただれてしまう疾患のことです。症状は、性交痛や黄色い不快なおりもの、陰部のかゆみ、灼熱感などです。膀胱炎にもなりやすくなります。

GSM

GSMとは、閉経関連泌尿生殖器症候群のことで、エストロゲンが低下したことによる泌尿生殖器症状です。

以前は老人性膣炎と呼ばれていました。

症状は、腟からの出血、腟・外陰部の乾燥、痛み、 かゆみ、灼熱感、においに加えて、性交時には、性交痛、 潤いの減少、性感の減弱、性交後出血などが見られます。

また、排尿障害や頻尿、尿失禁、膀胱炎を繰り返しやすいのが特徴です。

▶GSMについてわかりやすく解説

子宮体がん

子宮体がんとは、子宮体部にできるがんのことです。

症状は、生理以外での出血や閉経後の出血、下腹部痛、腰痛、性交痛、下肢のむくみなどです。

子宮体がんは、進行すると子宮頸部や腟、リンパ節、卵巣、卵管に広がります。

さらに、膀胱や直腸に広がったり、肺や肝臓など離れた臓器に転移したりすることもある病気です。

50代閉経後の性交痛への対処法とは?

閉経後の性交痛の対処法として適しているのがインティマレーザーや潤滑ゼリーなどです。

インティマレーザーとは

インティマレーザーの画像

インティマレーザーは、性交痛はもちろんのこと、膣のゆるみや尿もれ、性交痛、GSM、臓器脱、小陰唇のタイトニング、外陰部のホワイトニングなど様々な症状に対処できるレーザー機器です。

実績や論文が多数報告されており、安心できる機器となっております。

性交痛治療を行う際は、レノバレイズというモードを用いて治療を行います。

インティマレーザーはレーザーを膣内及び外陰部の深い層に照射し、加齢とともに減少したコラーゲンの産生を促進することにより、膣の潤い不足を解決します。

またインティマレーザーは性交痛だけでなく、閉経後の多くの女性が悩む膣のゆるみの改善も行うことができます。

腹圧性尿失禁の症状のある方は、重い荷物を持ち上げた時、ジャンプした時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入った時に尿が漏れてしまいます。

この腹圧性尿失禁の症状がある方に使用する機械がインティマレーザーなのです。

インティマレーザーは切開不要で、痛みや出血もほぼありません。 治療時間も短く、また治療後の副作用もほとんどないため、治療後すぐに日常生活に戻れます。

こちらでも詳しく解説しているため、是非ご覧ください。

▶インティマレーザーについてわかりやすく解説

潤滑ゼリーとは

潤滑ゼリーとは、性交痛を軽減できる商品で、女性の膣粘膜や外陰部に使用します。

潤滑ゼリーは薬局にも売っており、簡単に買うことができるためインティマレーザーと比べると、手軽に使える商品です。

潤滑ゼリーは厳密にはローションとは違います。ローションと比べ乾きにくく、乾いても固形になりません。

また水に溶けやすいため、膣の中に入った際に洗い流しやすく、ローションの様に膣の内に残るといったこともございません。

注意点として、膣粘膜に使用するので、成分表示の欄の先頭にポリアクリル酸ナトリウムが書かれていないかどうか確認してから使用しましょう。

付けすぎにも気を付けてください。

当院ではリューブゼリーの使用をおすすめしております。

リューブゼリーは日本初の水溶性潤滑ゼリーであり、薬局、ドラッグストアなどで手に入れることができます。

 

リューブゼリーについて詳しくみてみる

まとめ

本記事では、閉経後の身体の変化や性交痛への対処法について解説しました。

閉経後は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が減ることで、膣粘膜の萎縮や骨粗しょう症などのトラブルが発生しやすくなります。

閉経後の性交痛には、インティマレーザーや潤滑ゼリーといった対処法があります。

当院は日本で初めてインティマレーザーを設置したパイオニアです。院長はインティマレーザー指導医の資格も持っているため、多くの他院に対して指導した経験があります。

またカウンセリングの段階より院長が対応し、患者様の状態に寄り添った治療内容をご提案させていただきます。実際の施術も院長が対応するため安心です。

他にも当院では性交痛の治療として、レーザー照射や手術を行っています。なかなか人に言えないデリケートな問題だからこそ、スペシャリストである院長にぜひ一度カウンセリングしてください。

痛みを我慢する必要はありません。閉経後も安心して生活できるようにしていきましょう。

ARTICLES

お役立ちコラム一覧

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代の性交痛と濡れない原因について解説。セルフケアや治療法は?

50代女性の性交痛で多い悩みが「濡れない」ことです。本記事では、更年期における性交痛の原因や治療方法について詳しく解説します。

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

閉経後でもコンドームはつけた方が良い|ゴムなしセックスの危険性

【閉経後のセックスでもコンドームは必要!】50代女性のセックスに関する疑問を解消します。今回は閉経後にゴム無しで妊娠するのか?という疑問にお答え。ゴムをつけるべき理由を解説します。

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代女性の性交痛と出血の原因は?更年期の性交痛治療を紹介

50代の性交痛の中でも出血を伴ったものは感染症や膣炎のリスクを高める原因にもなってしまいます。本記事では、更年期の性交痛と出血の原因、治療法をご紹介します。

50代久しぶりのセックス|濡れない時の理由から対処方法までを解説

50代久しぶりのセックス|濡れない時の理由から対処方法までを解説

久しぶりのセックスが不安、、、こんな悩みはないでしょうか?久しぶりのセックスでは濡れないなど、さまざまなトラブルが起こることもあります。本記事では50代女性が久しぶりのセックスで抱える問題...

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

50代女性に多い萎縮性膣炎とは?性交痛が出る原因もあわせて解説

更年期に突入する50代女性が感じる性交痛は、萎縮性膣炎が原因の可能性が高いです。萎縮性膣炎の主な原因はエストロゲン不足。本記事では、萎縮性膣炎になる4つの原因とともに、症状や具体的な対処法を解説します。

50代の女性が
みどり美容クリニックを
選ぶ 3つの理由

特徴1

女性限定・女性専門
クリニック

女性特有のお悩みを専門的に診察していることから、ご予約はそのお時間お一人様だけの完全貸切となります。スタッフも医師も全て女性のみ、個室で対応させて頂きます。 プライバシーに徹底的に配慮しているため1日の診療数には限りがございます。

特徴2

カウンセリングから
アフターケアまで
すべて院長が対応

当院では、海外で経験を積んだ女性院長が、初回のカウンセリングから、施術、アフターケアまで一貫して対応します。専門的な視点から患者様お一人ずつに寄り添った治療をご提案いたします。

特徴3

土日祝日も予約が可能

平日はもちろんのこと、土日祝日も初診は10:00から17:00まで予約を受け付けております。お休みの日やちょっとした隙間時間にまずは相談してみてください。お急ぎの方はお電話でもご予約が可能です。

カウンセラー歴 20

みつゆき みどり 院長

  • 美容婦人科
  • 女性器形成
  • 産後ケア
  • 更年期医療
  • 計8件の国際的な資格に認定

女性器に関する悩みは大変奥が深く、様々です。一般の美容外科でも女性器に関する治療は広く行われています。しかし、型通りの治療であって根本的な悩みの解決には至らないものであったり、ご自身の悩みの本質がどこにあるかよく分からないまま勧められる手術を受けられて結局は悩みが解決されなかったという方々も中にはいらっしゃるかと思います。

「美容婦人科」という言葉はまだまだ日本では知られていませんが、世界的には確立した診療科目であり、レーザーによる女性器の若返り(膣の引き締め、外陰部形成)の手術はアメリカ、ヨーロッパをはじめ、オーストラリア、韓国、でも広く普及している手術です。

みどり美容クリニックは、女性器形成を単なる美容整形外科手術の一分野としてではなく、女性器の膣のゆるみなどの機能的な問題や外陰部の形に関するお悩みに関してより専門的にご相談頂けるクリニックです。

アメリカの女性器形成専門センターでトレーニングを受けこのライセンスを取得した、日本人初の女性医師として、1人でも多くの日本の女性の方々の悩みが解決されるよう努めてまいります。